読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xDuoo X10

こちらも小倉 彬さんからお借りしたものです。国内でも販売が始まったxDuooのDAPです。eイヤホンでは22,800円で販売されています。AliExpressのNiceHCK Audio Storeでは175ドルですので、最近の円安傾向ではどちらで買うかは微妙なところですね。

www.aliexpress.com

www.e-earphone.jp

DACに流行り?のAK4490、オペアンプにMUSES8920を搭載し、MicroSDカードが2枚挿せるという堂々たるスペックでこの価格はなかなか他では真似出来ないかもしれません。

 

本体上部に電源スイッチとMicro USB端子、右側はリセット用の小さい穴、ボリュームにMicroSDカードスロット×2、左側はロック用のスイッチ、下部にゲインスイッチと3.5mm Phone Outとラインアウト/Optical Out兼用という感じです。附属品にミニケーブルとOpticalケーブルがあることからの想像ですが、サイズ的にも小ぶりですし、単体使用よりもいろんなアンプと接続して使うことを想定しているのでしょうか。前面には4つのボタンと大きなホイールボタンがあります。4つのボタンは左から、曲の戻り、メニュー画面とかで使用するバックボタン、オプション画面を出すためのボタン、曲の送り用ボタンです。ホイールボタンの中心は押すと曲の再生/停止します。ホイール自体はスルスルと廻る感じではなく、カクカクします。ちょっと慣れがいるかもしれませんが、特に操作性が悪いとまでは思いません。

 

画面は2インチということで、最近に大画面のDAPを見慣れているとかなり小さく感じますね。液晶の発色もまぁまぁ。フォントは懐かしの?中華フォントです。ちなみに曲のアートワークを表示させるためには曲のフォルダに画像データを入れておく必要があります。曲に埋め込んだだけでは表示されません。iTunesで曲管理している私にはちょっと面倒くさいです。アートワークを眺めながら曲を聴くことも多いので、無いと嫌だなぁと思ってましたが、このサイズなら別に無くてもいいかとも思いました。AK100(2.4インチ)の時は無いと嫌だったので、どの画面サイズからいらないと思うのかは微妙ですね。

 

あと今回お借りした機体はケースに入ってましたが、このケースを付けるとSDカードスロットを塞いでしまうので、使い勝手はどうかなと思わなくもありませんが、2枚挿さるので、そんなに抜き挿ししないのが前提なのでしょう。このケースはAliExpressのHCKさんのとこでは8.1ドルで売られているのですが、色がなんとも…

 

気を取り直して?まずは単体で聴いてみます。イヤホンはMAVERICK+で。試聴曲はいつものように女性ボーカルのメタルです。第一印象はすっきりときれいな音、という感じです。解像度も感じられますし、低音もしっかり聴こえます。見晴らしもそこそこよく、狭苦しさを感じることはありません。ただ曲によっては刺さりはしませんが高域が煩く感じる時もあります。あと曲間にプチッとノイズがもれなく付いてきますね。気になる人は気になるかも。

 

CONTINENTAL V5に繋ぎます。サイズ的にはしっくりします。これなら手軽にポケットに入れて外出できる感じです。

キャラクターが変って落ち着いた感じになります。ちょっと解像度は落ちる感じ。低音もやや増えます。刺さりや煩さはあまり感じなくなった代わりに少々物足りなさを感じる曲もありますが、長時間聴くならこちらの方がいいでしょうね。また、メタル以外の曲も。

 f:id:kiliko3611:20170104093244j:image

思ってたよりもX10がいいんで、Fiio X5 3rdと遜色ないのではと思い交換して聴き直してしまいました。やはりX5の方が低音の深さや拡がり感などが上ですね、一安心。キャラが違うといえば違うので使い分けできるとは思いますが、私はあんまりそういう使い方が苦手なので、満足して返却させていただくことにします。