読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMGOT EN700 BASS

 こちらもTwitterでフォローさせていただいている小倉 彬さん@ogura_aki からお借りしたものです。いつもありがとうございます。

 

前作のSIMGOT EN700は国内でも販売され、eイヤホンでは13,500円で販売されています。こちらは改良版になるのでしょうか、形は写真で見る感じでは変化は無いようでし。今回はBlack、Red、Greyのカラーバリエーションが用意されているようですが、NiceHCK Audio StoreではGreyしか在庫が無いようです。AliExpressの同ストアでの価格は109ドル程度ですので、あくまでも前作との比較になりますが、あまり国内とは差が無い感じですかね。

www.aliexpress.com

前作は未視聴なので比較はできませんが、自然な音の拡がりと高域をメインに、中・低音もしっかりと出るイヤホンという感じだったみたいですね、レビューを読む限りは。今回は製品名にBASSと入っているわけですから、低音強化型なんだろうなという先入観を持って聴いてみました。DAPはいつも通りibasso DX200です。

 

イヤーピースはSpinFitを使ったところ、明瞭感が高い高・中・低音とバランスのとれた出音だと感じました。ぜんぜんBASSちゃうやん。final EでもSpinFitの時よりはやや低音が強くなったけど、そこまでBASSでもないです。他にもスパイラルドットなども試してみましたが、低域の若干の強弱はあるものの、さほど低音がメインという感じにはなりませんでした。ひょっとしたら、まだ箱出し直後なのかもしれません。

 f:id:kiliko3611:20170210222537j:image

デザインは個性的で好き嫌いはあるかと思いますが、ケーブルも本体と同様にカラーリングされており、見た目は麗しいです。装着感も悪くないのですが、冬のこの時期は装着するとひんやりと耳に冷たいかもしれません。

 

もう一つ特筆すべきは附属品のイヤホンケースの出来の良さです。ケースだけでも13ドル程度で販売されているぐらい、シンプルで使いやすく、造りもしっかりしています。

イヤホンといい、附属品といい、本当に中華イヤホンの進化には目をみはるものがありますね。これからが楽しみです。

f:id:kiliko3611:20170210222547j:image