ポタフェス2018 WINTER 東京・秋葉原 行ってきました

3月の名古屋、10月の大阪に続いての参加となります。京都から500km、ドライブのついでの参加でした。寝不足気味の頭と耳での試聴ですので、いつも以上に参考にならないかもしれませんが。また、一つの機種の試聴時間はいずれも数分なので、あくまでも印象レベルで、実際にじっくり聴くとまた違う感想になると思います。

 

また、カスタムイヤホンやBluetooth(ワイヤレス)、買えそうにない高額なイヤホンは聴いていませんのであしからず。

 

試聴機はDAPはLuxury&precision L4、イヤホンは2.5mmバランスアウト用はUnique Melody 3DD-Ti、3.5mmシングルアウト用はFearless Audio S-8 FREEDOMを使用しました。
f:id:kiliko3611:20181222202645j:image
f:id:kiliko3611:20181222202718j:image

七福神商事

販売直後のLZ-A6“黒将軍”。4BA+1DDにセラミックツイーターが追加されたモデルです。見た目は地味ですが、9種類の交換用ノズルと本体に設置されたプッシュ式スイッチで自分の好みの音質に近づけることが可能です。

まずは基本の黒ノズルで試聴。すっきりと伸びやかな高域が印象的ですが、少々物足りなさを感じたので、一番濃い目の音となる紫ノズルに交換。濃い目といっても基本的な明瞭感の高い音質は変わることなく、それでいて違う音になったのが感じられます。

個人的にはこの紫のノズルが好みでした。

プッシュ式スイッチをオンにすると、低域が増えるというよりは音が遠くなったように感じました。これはオフのままでいいかな。f:id:kiliko3611:20181222202004j:image

Fearless Audio S-8 Pro。同FREEDOMを所有しているため聴き比べをしてみたのですが、Proの方が低域と高域が伸びている感じはしますが、音の拡がりはFREEDOMの方がある感じ。どちらもいいんですが、両機所有するまでは無いかな。f:id:kiliko3611:20181222202033j:image

ミックスウェーブ

Unique Melody MIRAGEはチタン筐体に3BAのイヤホン。ユニメロのイヤホンといえば滑らかであまり強調しない音というイメージだったのですが、こちらは低音が強くて楽しい感じです。まぁ予価134,000円とのことですので躊躇しますが。

個人的にはチタン筐体のデザインは苦手な感じ。所有している3DD-Tiもデザインはちょっと好みじゃありません。

ちなみにこの3DD-Ti、日本での発売は予定がないとのことでした。また、リケするとしたらどんな線材が合いますかとお尋ねしたところ、低域を強化する銀線が良いのではとのことでした。あと、附属のケーブルも悪くないよとも仰っておられました。

f:id:kiliko3611:20181222202102j:image

Campfire Audio SORARIS。スタニスワフ・レムの「惑星ソラリス」の大ファンとしては買わずにはいられないと思っていたのですが、それとは関係ないそうです、残念。

見た目はキラキラ過ぎてちょっと趣味じゃないですね。装着感はいまいちと聞いていましたが、思っていたよりは悪くないかなと思います。

音質はもう高域から低域からこってりと音の洪水で、数分で聴き疲れしました。聴き疲れして写真を撮るのも忘れてました。

これを書いている時点では既に発売されているので、また改めて試聴したいなと思っています。

Faudioの3BA機。見た感じはDD機のMajorの色違いという感じです。すっきりした明瞭感が高い傾向で、ややインパクトに欠ける感じはありますが、飽きずに使えるのはこういう音なのかなぁと思わせる感じ。
f:id:kiliko3611:20181222202135j:image

同5BA機。3BA機と同じ傾向ですね。

いずれも2月ぐらいまでには販売したいとのことでしたが、見た目で区別がつかないのはどうかと。f:id:kiliko3611:20181222202159j:image

iBasso Audio

DX200GoldはSONY WM-1Zを思わせるカラーに重量でした。音も1Z的なある意味まったりした傾向かと思いましたが、そこはiBassoなので、パワフルで解像感の高い感じと音の濃さが絶妙にマッチした感じです。搭載されているのはいちおうAMP1ですが、単なる色違いではなく、DX200GOLDに最適化されたAMPだそうです。ある記事によると価格未定だが35万円~をイメージとのことで、ブースの方によると日本での発売は未定とのことでした。

f:id:kiliko3611:20181222202225j:image

Nutube搭載のAMP9はDX150に装着されていたのですが、DX150とは思えない濃い目の音を聴くことができました。DX200との相性が気になるところ。価格も従前のAMPと変わらないらしいので楽しみです。
f:id:kiliko3611:20181222202247j:image

既に発売済みのIT01Sはイヤーピースが合わなかったのか装着できなかったので、本来の音を聴けていないのですが、前に持っていたIT01とはかなり違う、明瞭感の高い音になっている印象でした。

f:id:kiliko3611:20181222202309j:image

いずれにしても、あのiBassoが国内市場に帰ってきてくれたのは嬉しい限りです。

KORG

Nu:Tekt HA-KITはミント缶サイズの真空管アンプのキットです。こちらもiBassoのAMP9と同じくNutubeを搭載したアンプになります。

まずは見た目がいい感じ。音も真空管らしい柔らかさといまどきの解像感の高い感じがミックスされた印象でなかなか良かったです。また、技量のある方ならさらなるカスタマイズも可能とのことですので、なかなか楽しめる機種になっています。

唯一のネックは自分のこれを作成できる能力が無いことですね。

f:id:kiliko3611:20181222202335j:image

SENHEISER

既に発売済みのIE40を聴かせていただきました。質が良く、そこそこの量感の低域が心地良い感じです。ブースの方に、SENHEISERらしい柔らかさとモニターっぽいくっきり感が両立した感じでいいですねと言ったら、モニターっぽいんじゃなくてモニターですと返されました。
f:id:kiliko3611:20181222202406j:image

AAW

AAWもいろんな機種があったようですが、聴かせていただいたのは既存のAXHの上位機種のASH。AXHの上位機種なのでてっきりハイブリッド型かと思っていたのですが、7BA機という記述もあるので違うのかな。音はAXHのようなスカキンではありませんが、高域寄りなのは間違いないかと。あとフェイスプレートのデザインもちょっと好みじゃない感じですね。
f:id:kiliko3611:20181222202434j:image

DUNU-TOPSOUND

これを書いている時点で既に販売中ですが、以前からイベントに出ていたDK-4001です。3001より1BA増えているのですが、筐体サイズが小さくなったのか、装着感は良くなっています。また、ケーブルは質感も良く、DITAのそれのようにプラグを交換することによって様々なDAPとの接続が可能となっているのは好印象です。

音質も普通にいい感じで、もうちょっと個性というか低音を期待していましたが、約10万円という価格を考えればあまり無茶はできませんかね。
f:id:kiliko3611:20181222202451j:image
f:id:kiliko3611:20181222202508j:image

JVC

HA-FW10000です。これをいまいちという人にはお目にかかってないような気がするぐらい評判の良い機種です。で、ちょっと粗捜しをしてやろうという気もあって試聴してみましたが、確かに良いですね。価格以外では貶せるポイントは難しいんじゃないかという音だと思います。メタルやハードコアには合わないだろうと思っていましたが、そんなことはなかったです。とりあえず降参ですね。
f:id:kiliko3611:20181222202527j:image

Acousutune

いつもいろんな試作機とブースの方の楽しいお話を提供していただいていますが、今回もチタンを使った新作HS1690Ti(仮称)を聴かせていただきました。かろうじて刺さらないキツさの高域が刺激的なイヤホンです。ブースの方からあまり好きじゃないと言われる不憫な機種ですが、僕は大好きですよ、買いますよと勢いだけで言ってしまいました。春頃までには発売だと思いますが、チタンなんでそこそこの価格になっちゃう感じです。
f:id:kiliko3611:20181222202545j:image

後から思えば他にもいろいろと聴きたい機種はあったのですが、あまり並ぶのもしんどいしということで比較的ちゃんと聴いた機種の感想はこれぐらいです。

 

平成30年も年の瀬を迎え、今年もいろんな機器を聴かせていただきましたが、来年はどんな1年になるのでしょうか。消費税増税でイヤホンも買い難くなるのかな…
f:id:kiliko3611:20181222202619j:image