読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NiceHCK DZ9

こちらもTwitterでフォローさせていただいている小倉 彬さん@ogura_aki からお借りしたものです。いつもありがとうございます。

 

先日にちょこっとレビューしたDZ7と同じく、その名前が現す通り、NiceHCK Audio Storeのオリジナルモデルです。1DD8BAのハイブリッド型のイヤホンです。
 

DZ7とやや色合いが違いますが、このデザインもStarsという名称のようで、当初はこれ以外にWood Grain、SilverとRedのデザインだけだったのですが、今年に入ってから大量にデザインが増え、HCKのツイートを見ると22種類もあるみたいです。お気に入りを選ぶ楽しみが増えたという感じかな?ケーブル端子が2pinかMMCXかを選ぶのはDZ7と同じです。

価格は現時点では10%オフで522ドルですので、中華イヤホンにしてはかなり高価な部類だと思います。

www.aliexpress.com

試聴はibasso DX200、イヤーピースはfinal EのMサイズを使用してのものとなります。

まずは附属ケーブルでシングルアウトでの試聴ですが、すっきりと明瞭な感じで、伸びる高域という感じはDZ7と同じ傾向ですが、低音はかなりしっかり出ているように思います。女性ボーカル曲に合うのも同様ですが、かなり迫力を感じます。これはいいですね。前作よりかなり好みです。DZ7の時に感じたスカスカ感はありません。

 

次にバランス接続で聴いてみます。ケーブルは前回と同様に、ヤフオクで落札したMOGAMI 2944 八芯 2.5mm4極ケーブルにチェンジ。

音も八芯の効果か線種かバランス接続のおかげかわかりませんが、中低域の量がかなり増え、迫力満点になります。ちょっと人によっては聴き疲れすると思うかも。低音の量感だけでなく、高域もさらに伸びたように感じます。あと音の拡がりもシングルの時よりも増したようです。

これはかなり私にとっての理想に近いイヤホンかもしれません。

f:id:kiliko3611:20170224164000j:image

f:id:kiliko3611:20170224173317j:image

残念ながらDZ7を貸出中のため並べて写真を撮影できませんでした。ほぼ同角度の写真を並べておきます(上がDZ9、下がDZ7)ので、比較いただければと。筐体のサイズは変わってないように見えますがどうでしょうか。