TINHIFI T3

TINHIFI T3は1BA+1DDのTin Audio初のハイブリッドタイプとなります。AliExpressで69.90ドル、Amazonでは7,999円にて販売されています。

www.aliexpress.com

Tin Audioのイヤホンは以前にT2を購入しています。T2はデュアルダイナミックドライバという触れ込みだったので、厚みのある音を勝手に期待して注文したのですが、1BA機を思わせる解像感の高い、中~高域をきれいに聴かせてくれるイヤホンで、当方が好きなHR/HMには合わないなぁという評価をしておりました。

kiliko3611.hatenablog.com

その後にT2のバージョンアップ版としてT2 Proが発売されましたが、こちらはT2からさらに高域を伸ばすタイプのようだったので購入していません。

 

T3のスペックは下記の通りになります。

Driver unit: 10mm dynamic + Knowles BA

Frequency response: 10–40,000 Hz

Sensitivity: 95 dB +/- 3dB

Impedance: 16 ohms

Plug: ⅛ in (3.5 mm) carbon

Cable: 4.1 ft (1.25 m) 5N 8-core OFC-plated silver

Interface: MMCX

DDの説明にPU+PEK Dynamic diaphragmとあるのですが、PUはポリウレタン、PEKはポリエーテルケトンの略でダイヤフラムの素材なんでしょうか。T2がデュアルダイナミックドライバということで、10mm woofer + 6mm tweeterの構成でしたが、T3のDDは10mm一つです。

パッケージはT2と同じ雰囲気です。
f:id:kiliko3611:20190215152258j:image
f:id:kiliko3611:20190215152314j:image

附属品。
f:id:kiliko3611:20190215152335j:image

イヤホンのデザインもT2とほぼ同じかなと思いましたが、画像を見比べると細部は異なっているようです。
f:id:kiliko3611:20190215152355j:image
f:id:kiliko3611:20190215152412j:image
f:id:kiliko3611:20190215152430j:image

とりあえず附属のケーブルで聴いています。イヤーピースはいつも通りRHAのMサイズで。使用したDAPはiBasso DX200(AMP1)及びiriver AK70 MKⅡになります。

シュア掛けでもケーブルを垂らすスタイルでも使用できたT2とは違い、ケーブル形状からシュア掛けで装着するスタイルです。装着感は悪くありません。金属筐体なのでこの時期は装着するとひんやりします。

箱出し直後はT2と同様に解像感が高く、すっきりとした中・高域が得意なイヤホンかなという印象です。ただ、T2とが違い、しっかりと締まった低音が下支えしている感じで、音に芯が通った印象です。よくある中華ハイブリッドのドンシャリ系ではなく、ハイブリッドらしさをあまり感じません。T2と大きく音のキャラクターを変えてきてはいませんが、より高音質に、より一般的になったかと思います。

 

ケーブルを交換して試聴してみました。いずれも2.5mmバランス接続になります。使用したDAPiriver AK70 MKⅡです。

Yinyoo YYX4744、8芯OFCケーブル、通称中華キンバーです。こちらは高低ともに派手めな音になるという印象のケーブルですが、中低域が強くなったように感じます。予想通り派手で楽しく感じますがちょっと聴き疲れしそう。音場的には広くもなく狭くもなくといったところでしょうか。
f:id:kiliko3611:20190219111245j:image

Yinyoo YYX4810、単結晶銅4芯ケーブル。印象としては質実剛健といいますか、地味だけどしっかりと仕事するタイプのような印象ですが、見た感じも筐体のカラーと合っていい感じです。こちらも標準のケーブルと比べると低域が強化されますが、YYX4744とは違い煩く感じるわけではなく、全体的にパワーアップしたように思います。ちょっと標準のままではすっきりしすぎという方にはいいかも。
f:id:kiliko3611:20190219111259j:image

NICEHCK CY1、8芯純銀ケーブルです。純銀かどうかはわかりませんが、音は確かに銀っぽい高域の伸びと低域の締りが感じられるケーブルです。 予想通り高域がかなり派手になる感じで、低域は締まった感じで、附属のケーブルと各音域はもっとも近しい感じです。

f:id:kiliko3611:20190219111312j:image

個人的には現時点ではCY1が好きかなと思っていますが、適当な耳なのですぐに違う感想になるかもしれませんので、あまり気にしないでいただけるとありがたいです。

TFZ GALAXY T2 IEM

少し前から中華イヤホン好きでは評判になっていたのですが、なんか買い逃していたところ、Massdropで見かけたので注文?してみました。

1月10日に注文して発送は1月25日、到着は2月12日でした。国内に着いてから一週間ぐらい動きが無かったので、予想以上に日数がかかりました。価格は本体が39.18ドル、送料が5ドルということで日本円では5,000円程度でしょうか。

AliExpressやAmazonでも販売されており、また先日からT2Gと名前を変えて国内販売も始まっています。国内販売は三色展開で、今回に購入したゴールドは無い模様です。

 

パッケージは本体が見えるパターン。
f:id:kiliko3611:20190213145503j:image

附属品はケーブル、イヤーピース等いつも通りな感じです。
f:id:kiliko3611:20190213145538j:image

フェイスプレートが傷つかないように購入時は保護シールが貼られています。
f:id:kiliko3611:20190213145558j:image

見た目も悪くない感じです。
f:id:kiliko3611:20190213145620j:image
f:id:kiliko3611:20190213145651j:image

附属ケーブルの耳掛け部の反発が強くてうまく装着できないので、手持ちのYinyoo YYx4750に交換しました。イヤーピースもAcoustune AET07に。
f:id:kiliko3611:20190213145716j:image

箱出し直後は明瞭感、解像感は高いものの、良いけどあまり面白くないなぁという感じだったのですが、一晩鳴らしこんでおくとパワフルさが増していい感じです。

www.aliexpress.com

www.e-earphone.jp

 

Wooeasy Chinese New Year's Lucky Bag On Sale During Jan 28th--29th Yinyoo D2B4

AliExpressのショップ、Easy Earphonesの旧正月福袋です。89.99ドルということで日本円では10,000円ぐらいですかね。

こちらの福袋は前回のブラックフライデー福袋と同様にみんな同じ内容なのでちょっと面白みには欠けます。Yinyoo D2B4は現時点でAliExpressでは149ドル、Amazonでは15,600円で販売されていますので、お得だったのではないでしょうか。

www.aliexpress.com

スペックは下記の通りです。名は体をあらわすではありませんが、製品名がそのままドライバー数を示しています。

 1. Product Name: Yinyoo D2B4 In-ear Earphone
 2. Brand:Yinyoo
 3. Model: D2B4
 4. Earphone type: In-ear
 5. Impedance: 19Ω
 6. Earphone sensitivity: 102dB/mW
 7. Frequency range: 20-40KHz
 8.Distortion:12%
 9. Interface: 3.5mm Gilded
10.Connector:MMCX Connector
11.Plug Type:Line Type
12.Cable Length: 1.2m±3cm
13.Color:Black, Blue
14.Whether with cable: yes
15. Whether with mic : no
16.Whether can replacement cable: Yes
17.Cable Material 4 core silver plated
18.Driver unit:10mm Graphene Diaphragm Dynamic Driver;2 combination balanced armature midrange drivers;2combination balanced armature high frequency drivers

BGVP DMGとドライバー構成は同じですが、D2B4はノズルを交換することはできません。

オーダーは1月28日で到着が2月6日をチャイナポストにしては早かったなという感じです。

 

パッケージ
f:id:kiliko3611:20190207103402j:image
f:id:kiliko3611:20190207103417j:image

 

附属品はイヤホンケース、イヤーピース。ケーブルは最初からイヤホンに装着されていました。
f:id:kiliko3611:20190207103432j:image
f:id:kiliko3611:20190207103505j:image

  

ケーブルが割とゴムっぽくてでびよんびよんする感じで苦手だったので交換しようとしたところ、右側のケーブルのMMCXコネクタのオス側のパーツがメス側に残ってしまうトラブルが発生。

老眼にムチ打って精密ドライバーで除去しました。ちょっとごそごそしたのでMMCXメス側コネクタを破損していないか気になりましたが、大丈夫でした。附属のケーブルは残念ながら使えなくなりましたが。
f:id:kiliko3611:20190207103525j:image

 

デザインはシンプルで悪くはありませんが、もうちょっと飾りがあるといいかなと思います。黒ということもあって、LZ-A6”黒将軍”に似ていると思うのは気のせいでしょうか。
f:id:kiliko3611:20190207103540j:image

 

今のところはケーブルは中華キンバー風ケーブルことYinyoo YYX4744、イヤーピースは附属のMサイズを使用しています。
f:id:kiliko3611:20190207103553j:image

まだ一晩鳴らしただけで箱出し直後の音ですが、ケーブルのせいもあってかDMGよりは濃い目で派手なように感じます。明瞭感、解像感はそこそこですが、曲によりますが、音の拡がりはあまりない感じかもしれません。やや低域寄りで、曲によってはボーカルが凹む感じです。iBasso DX200(AMP1)の2.5mmバランスアウトでの感想です。

 

もうしばらく使って様子をみたいと思います。

 

 追記

ケーブルを交換して試聴してみました。いずれも2.5mmバランス接続になります。使用したDAPiriver AK70 MKⅡです。

Yinyoo YYX4810、単結晶銅4芯ケーブル。銅線らしい低域の響きと拡がりが楽しい組み合わせです。
f:id:kiliko3611:20190219112514j:image

NICEHCK CY1、8芯純銀ケーブルです。やや音場が狭くなったような気がしますが、締まったスピード感のある低域がHR/HMに合うように思います。こっちもいいですねぇ。
f:id:kiliko3611:20190219112527j:image

 

KZ ZS7

相変わらず怒涛の新製品攻勢を続けているKZですが、購入してもあまり使うことはないので最近はちょっとご無沙汰していましたが、ZS7はカラーが好みとどんぴしゃだったので購入してしまいました。

購入はAmazonのWTSUN Audioから。価格はマイク無しケーブルを選択して5,900円ですが、よくセールをやっているので、WTSUN Audioというか、Easy EarphonesのTwitterのアカウントをフォローしとくのがいいかと思います。

AliExpressでもEasyさんをはじめ何店かで販売されており、マイク無しのバージョンで40ドル弱ということなので、保証や発送にかかる日数を考えるとAmazonで購入するほうがいいんじゃないかと思っています。

www.aliexpress.com

パッケージは以前よりちょっと豪華?になって蓋を開く感じに。附属品はケーブルとイヤーピースで今までと違いはありません。
f:id:kiliko3611:20190204093346j:image
f:id:kiliko3611:20190204093408j:image
f:id:kiliko3611:20190204093426j:image

このくすんだブルーが素敵です。
f:id:kiliko3611:20190204093442j:image
f:id:kiliko3611:20190204093456j:image

装着感は合う合わないがあると思います。個人的にはZS5、ZS6は筐体の角が当たって耳が痛くなるので、こちらも同様で長時間の使用は難しいかと思います。ちょっと長さのあるイヤーピースでちょっと耳から浮かす感じで使えないかなと。

 

附属のケーブルとイヤーピースはどうせ使わないので封を切らず、手持ちのものからいろいろ試してみました。DAPはいつも通りiBasso DX200(AMP1)で、いずれも2.5mmバランス接続となります。

 

ケーブルをYinyoo YYX4750、イヤーピースをSedna Mで。YYX4750はなんちゃって銀線らしいのですが、かなり高域寄りになります。まぁZS7が箱出し直後ということもあるかと思いますが。なかなか硬質な感じで好みだったのですが、硬質な感じは鳴らし込むと薄れてしまいました、残念。
f:id:kiliko3611:20190204093514j:image

ケーブルをYinyoo YYX4778、イヤーピースをRHA Mで。バランス接続のせいか、低域の量感が減ってしまって平凡な音になってしまってる気がします。
f:id:kiliko3611:20190204093526j:image

ケーブルをHCK DJY1で。中高域以下が強まって濃い音になりました。ボーカルを聴くならこの取り合わせは良い感じかも。
f:id:kiliko3611:20190204093542j:image

いずれも一長一短があるので、とりあえずYYX4750+SpinFit CP100 Mで慣らしを兼ねて使っていく予定です。

ifi audio xCAN

先日に購入したGRADO GH3はiBasso DX200でも音量は取れるのですが、アンプを使った時の音が聴いてみたくなったのと実際の運用面を考えて購入しました。

日常的にDX200はAMP3で使っています。AMP3は2.5mmのフォンアウトとラインアウトだけなので、GH3を使う時は他のアンプに交換しなくてはなりません。2.5mmフォンアウトと3.5mmのフォンアウト、ラインアウトがあるAMP1にすると接続の問題は解決するのですが、AMP3に比べるとちょっと2.5mmフォンアウトの音が痩せた感じに聴こえてしまいます。xCANは3.5mmのラインインだけでなく、2.5mmのラインインもあるため、AMP3の2.5mmラインアウトからxCANに繋ぎGH3を使用することができるというわけです。また、xCANの特徴であるBluetoothによりDX200と接続すると、DX200のAMPを気にせず、2.5mmでも3.5mmでも使用することが可能です。とっても便利。

 

附属品はマニュアル、ポーチ、2.5mmと3.5mmのmini-to-miniケーブル、充電用のUSBケーブル、DAPスマホと合体時に使用するマジックテープです。小さな筐体に関わらず多機能・高出力が売りのxCANですが、パッケージに日本語のマニュアルが無いのは少々不親切な感じがあります。
f:id:kiliko3611:20190106203440j:image

附属品はDAP等と重ねるためのマジックテープ、2.5mmと3.5mmのmini-to-miniケーブル、充電用のUSBケーブルです。mini-to-miniケーブルはL字型なので運用面では有難いのですが、ちょっと音質はどうだろうと思ってしまう感じの品質です。 
f:id:kiliko3611:20190106203510j:image

本体は非常に軽量で、独特なデザインで気に入っています。
f:id:kiliko3611:20190106203527j:image

前面に2.5mmと3.5mmのアウト、ボリューム、電源スイッチ、3D+・XBass Ⅱの動作確認インジケーターと同スイッチがあります。

電源スイッチを取り巻く感じでロータリータイプのボリュームがあります。電源を押す時間で通常のアンプとしての使用かBluetoothアンプとしての使用を選びます。通常使用なら緑、Bluetoothを使用する場合は青に光ります。音量の大小によっても光が変化しますが、この辺りはChord MOJOを意識したというか、似たような感じだと思います。
f:id:kiliko3611:20190106203543j:image

後ろには充電用のUSB Type-C、XBass Ⅱのモード切替スイッチ、2.5mmと3.5mmのイン端子が並びます。
f:id:kiliko3611:20190106203602j:image

サイドには特に何もありませんが、個人的には不要だと感じるハイレゾシールが貼ってあります。

端子類の並びからわかるように、DAPと重ねて使用する際は前面と後面にケーブルを挿す必要があるため、机上ではいいのですが、かばんやポケットに入れるには気を使わなくてはいけません。ちょっと持ち出すのは困難な感じです。

 

iBasso AMP6の3.5mmラインアウト、AMP3の2.5mmラインアウトからxCANに接続して聴いたみましたが、まだ鳴らし込みが足りないのか、パワフルさは今のところ感じられません。もともとのヘッドホン、イヤホンの音がやや力強く拡がる感じかなという程度です。

 

あとBluetooth機能ですが、通常のBluetoothレシーバー的な繋がりの強さを期待してはダメなようです。本体後部の黒い部分を触るだけで音が途切れますし、iCANをポケットに入れて少し移動するだけでも音切れが発生します。動かないで使う分にはあまり劣化した感じもないのでいいんですが。まぁ想定されているのはそういう使い方なんでしょうから文句を言うのは筋が違うかもしれませんが。

GRADO GH3

新年早々、元旦にeイヤホン日本橋店でヘッドホンをいろいろ購入目的で試聴してきました。気軽に使えてヘッドホンらしい開放感があるのがいいなぐらいのあまり拘りのない基準です。あまり外ではヘッドホンは使わないと思うので密閉型や大きすぎないとかは気にしていません。一応、購入候補としては下記の機種を考えていました。

・VECLOS HPS-500CSB

beyerdynamic Aventho wired

ULTRASONE Signature DXP

以上の機種に加えて、Pioneer DJ HDJ-X10、VECLOS HPT-700 TG、SONY MDR-1AM2、TAGO STUDIO TAKASAKI T3-01とかいろいろ試聴した結果、購入したのがGRADO GH3です。

店頭で聴く限りではお安いGRADO SR80eとそんなに違いは感じませんでしたが、やはりウッドのハウジングの見た目で選んでしまいました。また、上位機種のGH4は確かにより高音質なんですがちょっとシビアに聴くことを要求されてる感じで、ケーブルも細くて取り回しもよく、スポンジパッドで装着感が悪くないGH3の方がDAP直でお気楽に聴ける感じがあって好みです。

音質的には数時間鳴らした程度なのでまだまだだと思いますが、今のところは高域寄りで量は多くありませんが、やや深い低域が出てる感じです。ボーカルも自然な感じで近からず遠からずといったところでしょうか。

iBasso DX200のハイゲイン、ボリューム90くらいで音量は取れていますが、ちょっとアンプに繋げたくなりますよね。
f:id:kiliko3611:20190106203258j:image
f:id:kiliko3611:20190106203314j:image
f:id:kiliko3611:20190106203330j:image
f:id:kiliko3611:20190106203345j:image

 

LZ Hi-Fi Audio A6 黒将軍

七福神商事様からレビュー用としてお借りいたしました。いつもありがとうございます。

www.tsh-corp.jp

LZ 老忠のイヤホンはLZ-A3、LZ-A4と購入しましたが、A5はデザインがいまいちだなぁということで見送りましたが、すっきりと明瞭感が高い音質と七福神商事さんのご努力により今までLZのイヤホンを手にしたことがない方にも好評を得ているようです。

A5は4BA+1DDだったのですが、このA6はさらにセラミックツイーターが加わるとともに、本体にラウドスイッチがあり、インピーダンスを20Ωと45Ω、感度を115dbと110dbに切り替えることが可能となっています。

 

パッケージ
f:id:kiliko3611:20181231181601j:image
f:id:kiliko3611:20181231181713j:image

イヤホンケースは派手なオレンジ。ちょっと使いづらいかな。

ノズルは9セットもあり、以下の通りですが、かなり細かい調整が可能です。

A組 ノズル: 10hz~40Khz
青  色: 3Khz~7Khz +3db 黒  色: 3Khz~7Khz ±0db
赤  色: 3Khz~7Khz -3db
B組 ノズル: 15hz~30Khz
金  色: 3Khz~7Khz +3db 濃灰色: 3Khz~7Khz ±0db
ピンク色: 3Khz~7Khz -3db
C組 ノズル: 20hz~20Khz
濃緑色: 3Khz~7Khz +3db 浅灰色: 3Khz~7Khz ±0db
紫  色: 3Khz~7Khz -3db
f:id:kiliko3611:20181231181752j:image

ケーブルは割とゴムゴムしい感じであまり上質には思えません。

 

筐体は金属製でこの時期は装着するとヒンヤリします。
f:id:kiliko3611:20181231181813j:image
f:id:kiliko3611:20181231181832j:image
f:id:kiliko3611:20181231181848j:image
f:id:kiliko3611:20181231181917j:image

附属のイヤーピースではぜんぜんうまく装着できないので、RHA デュアル・デンシティシリコンイヤーピースやSpinFit CP145を使用しました。ドライバーは多いのですが筐体は小型なので装着感は悪くないと思いますが、ここでもちょっとケーブルが足を引っ張る感じです。

 

まずは最初に装着されている黒色のノズルのまま聴いてみます。到着後に30時間ピンクノイズを流していたのですが、まだちょっと粗さが残っているように感じますが、非常に明瞭で見晴らしのよい音です。高域よりで低域は多くはありませんので、個人的にはやや迫力不足に思います。まぁ僕が最近に愛用しているのがEMPIRE EARS Bravadoということもあるかと思いますが。

ラウドスイッチのオンオフの違いが大きく、音との距離感がかなり変化します。個人的にはほどほどの距離感が出るオフが好みですが、たぶん世間的にはボーカルも近くなるオンが受けるように感じます。

ノズルの交換ですがこちらも変化の幅が大きいように思います。個人的には先日のポタフェス秋葉原でも聴かせていただいた紫色のノズルが最も好みです。低域がかなり強まり迫力のある音を聴くことができます。

 

ケーブルの交換やバランス接続を試すともっと好みの音に近づけることは可能だと思いますが、そこは残念ながら借り物なので遠慮しておきます。