みなと補聴器 行ってきました

私の所有しているイヤホンで一番の問題児?がHEIR AUDIO Heir 5.Aです。

 

WEB上でもほとんど所有している人を見かけません。またeイヤホンのレビューでも正直なところ、あまり良い評価だとは思いません。少なくとも僕が好きな曲には合わない感じです。試聴時はいい感じに思ったのですが。

 

それでも作成してしばらくはそれなりに楽しんでいたのですが、購入して二ヶ月を過ぎる頃から、高域が出なくなり、緩い低音とボーカルも変に残響が気になる感じとなりました。左右で音質に差があり、左側からは高域がほとんど聴こえないということで、積極的に使う気が起きないイヤホンとなってしまいました。

それでもいろいろとケーブルやDAPを変えたりしてみたのですが、やや改善はするものの、以前の状態に戻ることはありませんでした。

 

買う時は高くて売る時は二束三文のカスタムイヤホンなので、何とか使えるようにしたいなぁということでお伺いしたのが神戸市にある“みなと補聴器”さんです。

 

今回は左右の周波数特性の測定とフィッティングをお願いしました。

測定結果は予想通り、低域ではほぼ左右は一緒ですが、高域になるにつれずれだし、最大で10デシベル以上の差がありました。予想通りで安心?

次はその原因の究明ですが、乾燥と内部の埃等の吸引で少し状態が改善したということで、断線等によりドライバが働いていないわけではなさそうとのこと。たぶん音導菅内の埃をガードするメッシュ状のフィルターの目が詰まっているのだろうということでした。高域用の音導菅も低域用のそれも同様に詰まっているはずですが、影響が大きいのは高域用なんですね。乾燥と吸引を数回行うことにより、僕の耳でもはっきりわかるぐらい左からも高域が出てきたように思いました。残念ながら、外側からできるのはここまでで、完全に詰まりを除去するのは無理なようです。

今後の対策としては乾燥をしっかり行うことと清掃だそうです。耳垢が湿性な人はより注意が必要なようです。使用後にイヤホンを拭く程度であまりちゃんとメンテナンスはしていませんでしたからね、これからは気をつけないと。

 

乾燥用の機器としては簡単なものではeイヤホンでも販売されている乾燥剤をセットするケースが安価ですし、もっとしっかりした補聴器用の乾燥機もあります。

内部の清掃については、サイズの小さな歯間ブラシが良いようですが、より強力に内部の埃等を吸引するために購入したのがこちら。 f:id:kiliko3611:20170716103050j:image

紹介については次回以降のエントリーで。

 

あと、以前から感じていたノズルが耳奥に入る感じが不快なので、短くカットしてもらいました。遮音性や密閉感は減少しましたが、装着感は快適になりました。音も変わってしまってるでしょうね。

f:id:kiliko3611:20170716103115j:image

 

LEAR LHF-AE1d用アドバンスノズル

LEAR AE1d用アドバンスノズルを買ってみました。前のエントリーで、附属していてもいいんじゃないと書きましたが、まぁ3,200円程度だったのでいいかなと思いまして。

 

RHA CL1と並び絶賛愛用中のAE1d Beは、低域は本体のチューニングダイアルで調整できるのですが、中高域はこのノズルを交換してという方法なので、細かい調整ができるわけではありません。まぁ低域用のチューニングダイアルも実際に効果を感じられる可変域は狭いんですけどね。

f:id:kiliko3611:20170716103016j:image

外観は標準のノズルに比べると、アドバンスノズルはかなり短いです。どうやって中高域を調整しているのか気になるところです。単にノズルの長さで、イヤーピースが耳孔の奥にいくかいかないかということではないと思いますが。

LEARのHPにある標準のノズルとアドバンスノズルの周波数特性のグラフを見ると、そんなに大きく違いがあるようには見えないのですが、聴いた感じではそこそこ違いがあるように思います。アドバンスノズルに交換すると煌びやかで派手な音になったと感じますし、標準に戻すと低音が増えたと感じます。まぁ微々たるものではありますが、やはり聴いてしまうと、アドバンスノズルの方が好きかなと思っています。

f:id:kiliko3611:20170716103027j:image

ということで、現時点ではアドバンスノズル、Crystal Tips、チューニングダイヤル(最大から-1)、芝音研 AL-Themis 2.5mm4極バランスケーブルという組み合わせで使用しています。NIGHTWISHやDELAINあたりのメタルはもちろん、割とオールマイティに使える感じです。

TFZ EXCLUSIVE 1 到着篇

TFZは中華イヤホンの中でもしっかりした音作りとパッケージングで日本でも代理店が付いている品質等に定評のあるメーカーだと思います。もっとも代理店が付いていると言っても、TFZが販売している機種全てが日本で売られているわけではなく、以前に購入したBalance 2なんかは販売されていませんので、AliExpressのショップから購入しています。

このEXCLUSIVEシリーズはeイヤホン主催のポタフェスで試聴機が出ていたようなので近いうちに国内で販売される可能性が高いように思います。

またEXCLUSIVEシリーズはこの1以外に3と5があり、番号が上がるに連れ価格も上がるのですが、ドライバーは全て9.0MM double magnetic circuit graphene driverと書かれており、筐体の材質が違うという理解でいいのでしょうか。この1は筐体が樹脂製になります。価格はAliExpressで1が約40ドル、3が60ドル、5が90ドル程度で販売されています。

ちなみに今回はAliExpressではなく、Massdropで購入しました。本体が35ドル、送料が7.5ドルでしたので、AliExpressでの購入とあまり差はありません。

6月20日が注文の締切で、7月6日に発送連絡のメールが来て、同月の15日に到着です。DHLでの発送になります。

 

パッケージングはしっかりした感じです。 f:id:kiliko3611:20170716035014j:image

附属品はイヤーピースとケーブルなどなど。

f:id:kiliko3611:20170716035026j:image

f:id:kiliko3611:20170716035041j:image

筐体は小ぶりで装着感も悪くないです。

f:id:kiliko3611:20170716035053j:image

f:id:kiliko3611:20170716035104j:image

TFZのイヤホンといえば低域が強いイメージでしたが、すっきりと明瞭感が高い、高域寄りのドンシャリでしょうか。

リケーブルが可能ですので、バランス接続とかも試してみるかもしれません。

LEAR LHF-AE1d Be 到着篇

LEARは香港のIEMメーカーで、日本では発売されていませんが、カスタムイヤホンがメインのようです。またリモールドも受注可能なようで、それはそれで魅力的なラインナップを本国のサイトでは見ることができます。

https://www.lear-eshop.com/

日本ではこのAE1dシリーズとBluetoothケーブルだけが発売されていますが、この多彩なサービスもきっと人気が出ると思うんですけどね。

 

今回の購入動機は試聴で気に入ったということもあるのですが、最近購入したイヤホンがTRINITY AUDIOやROSEに1216.earsと、オーダーしてから実際に手にするまで一ヶ月程度(TRINITYはそれ以上)かかるイヤホンばかりだったので、すぐに到着するこれを注文してしてしまいました。

 

Beという型番は、ドライバにベリリウムコーティングをした云々とのことですが、このベリリウムというのはウィキペディアによると原子番号4の元素でその塵は致死性の慢性疾患の原因になるという恐ろしいことが書いてあります。大丈夫なのか?まぁ高剛性を活かした高級スピーカーに使用されるとも書かれているので大丈夫なんでしょう。

 

このイヤホンの大きな特徴として、附属のドライバーで低域が調整可能ということですが、先日にポタフェス名古屋でお聞きしたところでは、9段階の内1〜7まではほとんど変化がわからない程度だそうです。

また、中高域をノズルを交換することに酔って調整可能ですが、このノズルは別売り(

eイヤで3,200円)となっています。これぐらい附属しておいてくれればいいのにと思わなくもありません。

 

とりあえず、附属のケーブルのまま聴いていますが、おいおいバランス接続も試してみたいところ。ケーブルはちょっと硬めでバインバインした感じで取り回しに難がありそうです。イヤーピースはちょっと私の耳には合わない感じでしたので、RHAのイヤーピースに交換しています。低域調整のダイヤルは最大から一つ下げただけです。

重心が低い感じで、低域が他の音域を邪魔することはなく、明瞭感が高いように思います。低域もあまり量感は多くなく、ベリリウムのおかげかどうかはわかりませんが、高域もかなり伸びるようです。メタルが気持ちいい。かなり硬めの音ですので、今の僕の好みにぴったりです。ただ試聴した時に思ったより、低域の量感が無いので、下位機種?でも良かったかなとは思わなくもありませんが。

 

愛用中のRHA CL1と傾向は似ていますが、向こうが高域寄りの硬い音だとしたら、こちらは低域よりの硬めの音でしょうか。

これからケーブルやイヤーピース選び、また低域を調整してより好きな音を奏でてくれるよう遊んでみたいと思います。アドバンスノズルを買うかどうかは悩むところではありますが。

 

箱は割とこじんまりしてます。

 f:id:kiliko3611:20170710233127j:image

イヤホンケースの派手さよ。

 f:id:kiliko3611:20170710233138j:image

附属品はイヤーピース、低域調整用ドライバー、イヤーフックです。

 f:id:kiliko3611:20170710233201j:image

いつものようにGRANBEATに直挿しで使っていきます。

 f:id:kiliko3611:20170710233210j:image

 

 

記録 所有機器一覧 2017年6月

DAP

ヘッドホンアンプ

ヘッドホン

  • Skullcandy CRUSSER WIRELESS

イヤホン

  • HEIR AUDIO Heir 5.A
  • Ultimate Ears UE11Pro(売却予定)
  • RHA CL1
  • KZ ZST
  • SENFER XBA

到着待ち

  • TRINTY AUDIO PHANTOM MASTER 6(2016年8月21日オーダー済)
  • TRINITY AUDIO Atlas Delta(2017年2月2日オーダー済)
  • ROSE BR5 MK2(2017年6月29日オーダー済)

購入予定

  • 無し

RHA CL1 到着篇

先日の名古屋ポタフェスで一番気に入ったRHA CL1、買ってしまいました。

硬めの音ならここ最近ずっと使い続けてるSENFER XBAもそこそこいいんですが、やはり高域の抜けというか伸びではかないません。反対に低音はなかなか楽しいので、これはこれでいいんですけどね。

 

RHAのイヤホンはT20とかもメタルに合うとeイヤホンで評価されていたので気にはなっていたのですが、今回が初購入です。

 f:id:kiliko3611:20170623225833j:image

 

まぁ珍しいものではありませんのが一応、いつものように簡単な紹介を。 

f:id:kiliko3611:20170623230017j:image
f:id:kiliko3611:20170623230035j:image

ケーブルは通常の3.5mmのものと、バランス接続用のMini XLRケーブルが附属しています。端子はsMMCXという独自規格?だそうですが、どうも装着時にカチッとした感じがないため、ちゃんと嵌ってるのかなと不安になります。バランス用ケーブルの方がAg4x silver-coreで3.5mmの方はOFCということなので、バランス用の方が豪華?なんでしょうか。RHA Dacamp L1をわざわざ買うのもなんなんで、2.5mm4極プラグに変換するケーブルをそのうち入手したいものです。

 f:id:kiliko3611:20170623225853j:image

GRANBEAT直挿しでもボリュームをあげると聴けなくはありませんが、まぁ精神衛生上もアンプを使おうかということで、Shanling M2s+Picolloで聴いています。

イヤホン自体は小さいので装着感は悪くないです。附属のケーブルのクセも使っているうちに解消するかと。

箱出し直後の感想になりますが、ややボーカルが引っ込み気味なのと、全体的にざらつく感じがします。まぁ(耳)エージングが進めば落ち着くかな。

非常に明瞭感が高く、音の広がりも感じる見晴らしのいい音です。僕が好きな女性ボーカルのメタルはもちろん、結構オールマイティに聴ける感じです。

 

最近は云十万する高級路線か、5K〜10Kあたりの比較的安価なイヤホンの注目度が高いですが、L1のような中堅機も充実してほしいものです。でも数年前はSHURE 535やUE900がこのあたりの価格で、そこそこ高級機と呼ばれていたんですけどね。

 

【追記 2017.6.26】

バランス接続を試すために、ヤフオクでMini XLR→2.5mm4極変換ケーブルを入手したので、GRANBEATで試してみました。

かなり低音が出るようになったように思います。GRANBEAT単体でもまったく不満が無い音です。キンキンズンズンといったところでしょうか。今、私が最も聴きたい音を聴かせてくれていると思います。余韻がほとんどない、スパッとキレのいい音です。

2.5mm4極バランス接続用ケーブルのイヤホンを使用する時は、普段はACGモードで聴いていますが、音量が取れるということでBALABCEモードで使用しています。音質自体はそんなに変わらないように思います。

 

変換ケーブルはこんな感じ。

f:id:kiliko3611:20170626222711j:image

CL1と繋げたところ。

f:id:kiliko3611:20170626222723j:image

GRANBEATに挿したところ。ちょっと断線が心配。

f:id:kiliko3611:20170626222733j:image

 

名古屋ポタフェス 行ってきました

名古屋ポタフェス、行ってきました。京都在住の私がなんでまたわざわざ名古屋までという感じですが、ゴールデンウイークに開催された大阪ポタフェスに仕事の関係で行けなかったためだったりします。


高速道路を使わなくても3時間程度で到着。のんびり走るのにいい感じです。始まる時間まで大須周辺をぶらぶらしていましたが、いやぁ、名古屋って都会!まぁ京都に比べるとほとんどの大都市は都会に思えるんですが。あと、なんかカオスな感じで、食べるとこもいろんな種類があって楽しそう。ブラジル料理で鶏の丸焼きがあったりベトナムのサンドイッチ、バインミーがすぐ近くで売ってたり…


そんなこんなでおのぼりさんよろしくうろうろして、ポタフェス会場に到着したのは13時前。思ってたよりこじんまりした会場で、お客さんもびっくりするほど多くなく、さすがにiRiverやミックスウェーブさんなんかはちょっと列ができていましたが、中には暇そうにされているブースもちらほら。


そんな中で自分が興味があるものというか、ちょっと欲しいかもというものだけを聴かせていただきました。考えたら、全て既に発売されているものなので、あんまり試聴ということでは意味はありませんが、まぁメーカーさんのお話を聞きながら試聴するのはなかなか楽しいものですね。


Acoustune

HS1501CUを聴かせていただきました。メカメカしいデザインにちょっと惹かれますね。装着感も悪くは無いんですが、実際に歩きながら使うとポロリとしないかという気がしました。あとケーブルは太い割には取り回しも問題なさげでした。

ゆったりとした低音と音が広がる感じですが暖色系とまではいかないというのが第一印象です。ボーカル曲を聴くにはいい感じですね。HS1004を高級にした感じかなぁ。個人的にはHS1004よりHS1001の方が好きな私にとってはまぁ買うことはないかなという感じでした。

その後に何点か聴かせていただいた試作品は、HS1501から高域を強めていった感じで、良かったです。硬質とまではいきませんが、明瞭な感じと低音に深さが増したように思いました。メタルならこれだよね、という試作品もあり、発売が楽しみなところです。
f:id:kiliko3611:20170619233714j:image


f:id:kiliko3611:20170619233728j:image

LEAR

先日にeイヤホン梅田EST店で試聴したAE1d BEがとても低音が楽しく感じたので聴かせていただきました。ん?思ってたほど低音が強くないと感じたのですが、チューニングダイヤルがほぼニュートラル(目盛8/10)に設定されていたからかもしれません。メーカーの人曰く、ダイヤルの1/10~7/10はほとんど違いがわからない感じだそうです。前回に聴いたのは目盛がより低音寄りになっていたのか、私の体調のせいなのか…。目盛を上げてもらおうかとも思いましたが、面倒をかけるのもなんなんで止めておきました。また、低音の多さだけで言えばAE1d MKⅡの方が多いそうです。こちらも聴かせていただきましたが、そう言われてみればそうかなという感じです。1dに比べると広がる感じの低音なんで、曲によってはこちらの方が合うかもしれません。

こちらのブースでは写真を撮るのを忘れてました。まぁ既出の製品なんでいいかな。


RHA

先日から気になっているRHAのイヤホン。硬質な音が欲しい病?になっていることもあり、またCL1はeイヤホンでは同社のポータブルヘッドフォンアンプのL1と接続されてるので、やっと手持ちの環境では聴くことができました。

CL750は以前に聴いた印象通りでした。曲によっては合うのですが、やはりキツイ。まぁ硬質な音ではあります。で、本命のCL1…いやぁ、これですよ、これ!私がいま聴きたい音はこれ!!最高です!女性ボーカルのキラキラメタルを聴いたりするとなんか口からエクトプラズムなんかが出て昇天してしまいそうになります。

おかげで会場物販で少し安くなっていたCL750を買おうという気は失せてしまいました。困った…

持っているアンプやイヤホンを処分してDacamp L1とCL1を買うのが一番幸せになれるのではないだろうかと今日も悩んでいます。
f:id:kiliko3611:20170619233742j:image

以上が聴きたいと思っていた機種です。ほんとにわざわざ名古屋まで行かなくても梅田でええやんというラインナップですいません。AKのSP1000もUMのイヤホンも聴いてなくてごめんなさい。
あと、TwitterでQuestyleの新DAP、QP2Rの試聴のリクエスト?があったので、探したのですが、なかなか見つけられず、諦めて帰ろうかと会場を後にしてカフェにいたところ、fianlと同じブースですよとTwitter上で教えていただいたので再び会場へ。
やっぱりfinalと同じブースなら混んでるかなと思ったのですが、2人しか待ってなかったのでおとなしく並ぶことに。前の二人もfinalのヘッドフォンだけの試聴だったので、あまり待たずに聴くことができました。でも4人掛けのブースでQP2Rを聴いているのは私だけ。後の方はみんなfinalのイヤホンをとっかえひっかえ試聴してました。注目度は高くないのかな。まぁAKとかに比べて、通好みみたいなイメージはありますが。


Questyle QP2R

まだ調整中ということで、改良していきたいとのことでした。それもあってか視聴した方にアンケートをお願いされていました。自分のSDカードを挿してもらっての試聴です。イヤホンはUE11 ProとHeir 5.Aを使いました。いずれも2.5mm 4極バランスと3.5mm シングルで聴いています。比較的、両方の傾向の違いがはっきり出るように感じます。Fiio X5 3rdではあまり差を感じなかったりしましたが。

以前にQP1Rをお借りして聴いた時は、割と暖色系で、濃厚な音に感じたのですが、2Rは明瞭感が高く、世間で言うところのモニター調の音に感じました。低音は量も深さも適量な感じで、私が好きな曲に合う感じです。これはいいなぁ。

ブースの方のお話では、出力はSENNHEISERのヘッドフォンHD800を鳴らすぐらい余裕があるそうです。アンプいらずということなんでしょうね。また、前機種の課題だったホイール等の操作感は改善されているとのことでした。ただ、前回のホイール感はあまり覚えていませんが、この機種もお世辞にも快適とはいえない感じでした。このことはアンケートにも記入させていただいたので、改善されるといいですね。価格も前回よりは高くなりますが、僅かな感じのようです。PLUNE 2ぐらいでしょうか。

写真も撮らせていただきました。ちょっと私の守備範囲からはお高いですが、なかなか魅力的です。発売されたら、UIを含めてどう変わったかを聴いてみたいものです。

f:id:kiliko3611:20170619233417j:image

f:id:kiliko3611:20170619233433j:image

試聴は以上だけです。すいません。万が一、またこういうイベントに行く時は、Twitterでリクエストを聞いてもいいかなと思いました。そうでもしないと並んでまで聴きたいと思わないので。


イベント自体の雰囲気としては、思っていたより若い人が多く、カップルや女性だけのグループもあり、混雑している感じもなくて良かったです。メーカーさんのお話を聞きながら試聴するのは楽しいものですが、お話されていることと自分が感じることはまた別のものと思わないといけませんね。


会場のeイヤホンさんの物販ではRHA CL750ではなくてモバイルバッテリーのRAVPOWERを買いました。早速便利に使ってはいますが、ブログのネタにはなりません。