2018 NICEHCK Black Friday 福袋 NICEHCK P3

AliExpressのショップ、HCK Earphonesのポータブルオーディオの福袋です。27.8ドルということで日本円では3,188円でした。

こちらの福袋も11.11と同様にみんな同じ内容なのでちょっと面白みには欠けます。外見がqdc Neptune、TFZに似たカナル型イヤホンということでしたが、NICEHCK P3という2BA+1DDのハイブリッド型のイヤホンです。定価?は現時点で56.25ドルの品なので、お得だったのではないでしょうか。

www.aliexpress.com

パッケージはなく、いつものHCKのイヤホンケースが梱包されて送られてきました。附属品はイヤーピースが何種類か。
f:id:kiliko3611:20181209132730j:image

デザイン的には悪くないですかね。
f:id:kiliko3611:20181209132741j:image
f:id:kiliko3611:20181209132753j:image

装着感はイヤーピースと耳かけ式のケーブル頼みという感じなので、イヤーピース選びが大事かと思います。個人的にはSpinFit CP145が一番安定はしたのですが、ノズルが合わずイヤーピースが耳に残ってしまうことが時々あるため、CP100に変更しました。

 

10時間程度SONY ZX300でいつも聴いている楽曲をいつもと同じ程度の音量で鳴らした後の感想になりますが、最近の平均的なハイブリッドタイプのイヤホンかなと思います。高域の伸びや低域の深さはさほどではありませんが、やや高域寄りかなとは思います。特に聴いていて気になるところはありません。低価格ハイブリッドの常で割と硬めの音質です。音場は窮屈さは感じませんが、やや狭いかなと思います。

装着感が合えば普段使いにいい感じかもしれません。

 

2018 NICEHCK 11.11 Super Fukubukuro Lucky Bag

AliExpressのショップ、HCK Earphonesのポータブルオーディオの福袋です。168ドルということで日本円では2万円弱になります。

国内の福袋はアタリとハズレがあるのが楽しみですが、こちらはみんな同じ内容なのでちょっと面白みには欠けます。個人的には福袋は得したいというよりもネタとして買う感じなので、より楽しいものになればいいかなと思っています。

今回の福袋はFLANG P5、DT600、6N銀メッキ単結晶銅ケーブル、SpinFit CP145の4点でした。
f:id:kiliko3611:20181206093348j:image

・FLANG P5

クラウドファウンディングのKickstarterのプロジェクトで見かけましたが、まだAliExpressでは一般販売はされてないようです。

www.kickstarter.com

スピーカーと一体型になるのが売りのようですが、DAP部だけのプロジェクトもあり、45%オフで89ドルなので、定価?は160ドル程度になるようです。

デザインが特徴的ですが、ボタン類がありすぎて使いにくそうな雰囲気が…

パッケージです。
f:id:kiliko3611:20181206092752j:image

ぱかっ
f:id:kiliko3611:20181206092809j:image

附属品です。取扱説明書は中国語と英語表記です。
f:id:kiliko3611:20181206092826j:image

本体。プラスチック製なので不安になるぐらい軽いです。
f:id:kiliko3611:20181206092933j:image

上から。突起部はBluetooth用のアンテナなんでしょうか。
f:id:kiliko3611:20181206092950j:image

プラグ?を捻って外すとフォンアウトとラインアウトが。
f:id:kiliko3611:20181206093004j:image

右側。メインスイッチやホールドスイッチなどなど。
f:id:kiliko3611:20181206093024j:image

下から。凹んでいる部分はスピーカーとの接続部のようです。
f:id:kiliko3611:20181206093042j:image

左側。
f:id:kiliko3611:20181206093106j:image

選択できる言語は中国語と英語だけです。英語を選択すると曲名に日本語表示ができません。中国語を選択すると可能となります。なんか懐かしさを感じる液晶の雰囲気。
f:id:kiliko3611:20181206093208j:image
f:id:kiliko3611:20181206093222j:image

スペックは下記の通りです。

DAC:AKM 4452VN

Supported File Formats:WAV/APE/FLAC/WMA/MP3

Bluetooth:4.2

Distorition:0.0035%(1KHz)

SNR:>95db

Channel Separation:78db(1KHz)

Disolay:LCD

Battery Capacity:2000mAh

Size:123x73x30(mm)

Playtime:12hours

当初は爆音仕様でボリュームが1か2で通常のイヤホンでは十分な音量なのに、スイッチをオンにすると自動的にボリューム10で再生が始まるという耳にもイヤホンにも厳しい仕様でしたが、HCKから送られてきたアップデータを使用することにより音量が抑えられ、安心して使うことが可能となりました。

いわゆるハイレゾデータは読み込まず、もちろんプレイすることもできません。個人的にiTunesで音楽データを管理しているのですが、ALACには対応していません。

音質は少し聴いただけですが、中低音寄りな感じかなと思っています。イヤホンはTONEKING T88Kを使いました。良い音とも思いませんが聴いていられないということもなく、評価に困るところです。

 

・HCK DT600

DT600自身はまだAliExpressのHCKのストアではまだ販売されていないようですが、下位機種のDT500が販売価格が109.46ドルなので、それ以上の価格で今後に販売されるのではないでしょうか。

パッケージ、イヤホンケースはいつものHCK仕様です。附属品はフォーム、シリコンのイヤーピース。
f:id:kiliko3611:20181206093249j:image

個人的に緑色は苦手。
f:id:kiliko3611:20181206093307j:image

ノズルが細いタイプなので手持ちのイヤーピースではCrystal Tipsの細軸用だけが使える感じでした。
f:id:kiliko3611:20181206093325j:image

Twitterでは酷評するレビューも見かけましたがそこまで悪いとは思いません。中高域寄りでやや低音が少ないかなと思いましたが、出るべきところではしっかり出ており、低音過多が苦手な方にとってはいい感じではないでしょうか。そのためもあってか、明瞭感は高いように思います。音場は広くもありませんが窮屈な感じもしません。

・6N銀メッキ単結晶銅ケーブル

外観的にNICEHCK Single Crystal Copper Mixed Silver Plated Cable 3.5/2.5/4.4mm Plug MMCX/2Pin Connector For ZS10 AS10 BA10 NICEHCK M6/HK8だと思います。現時点の価格では79ドルです。

プラグは何がいいと聞かれたので2.5mmでお願いしました。

Buy Products Online from China Wholesalers at Aliexpress.com

f:id:kiliko3611:20181206103548j:image

Fearless audio S8-FREEDOM

最近、ちょっと気になってる中華中価格8BAイヤホンの一つとしてヤフオクにて購入しました。

Fearless audioのイヤホンは国内は七福神商事の取り扱いとなり、こちらのイヤホンもオンラインショップで購入できるようです。デザインをいろいろとカスタマイズできるため、デザインや材質によっては納期が1ヵ月以上になる場合もあるようです。価格は54,980円(税込)ですので、8BAにしてはかなり安価だと思います。

公式及び七福神商事のホームページは下記になります。

www.fearlessaudio.com

www.tsh-corp.jp

スペックは下記の通りです。

  • 感度:113dB
  • 周波数特性:15Hz~20KHz
  • インピーダンス:15Ω
  • ドライバー構成:26dB 8BA(超低域 2BA 中低域 2BA 中高域 2BA 超高域 2BA)

BAドライバーはSONION、Knowlsを使用しているようです。

 

パッケージ。イヤホンとは思えない大きさ。
f:id:kiliko3611:20181202100413j:image

ぱかっ。
f:id:kiliko3611:20181202100503j:image

附属品です。イヤーピースと清掃用ブラシ、金属製のケースです。
f:id:kiliko3611:20181202100524j:image

取説。
f:id:kiliko3611:20181202100539j:image

ケース内には乾燥剤が。
f:id:kiliko3611:20181202100553j:image

麗しい外観。
f:id:kiliko3611:20181202100607j:image
f:id:kiliko3611:20181202100625j:image

 

前所有者が50時間エージング済みとのことです。Luxury & Precison L4+ALO CONTINENTAL V5に附属のケーブルで聴いています。イヤーピースは自分にとっての定番のRHAデュアル・デンシティシリコンイヤーピースのMサイズを使用。

明瞭感が高く、タイトな低域が印象的かなと思います。

先日からTONEKING T88K、Kinera ODINと8BAのイヤホンを聴いていますが、構成もスペックも違うのでもちろん音も違うのですが、どれも完成度が高く価格差程の優劣は無いかと思っています。

どのように使い分けるか悩みどころです。

Unique Melody 3DD-Ti

先日からダイナミックドライバーのイヤホンをいろいろと物色しているのですが、なかなかこれといった機種の巡りあえず、評判のDITA FidelityやFAudio Major、HIFIMAN RE2000、Victor HA-AW10000は音質は素晴らしいのでしょうがお値段も素晴らしいのでちょっと躊躇していたところ、MusicTechのBlack Fridayのセールのメールでこの3DD-Tiが値引きされているのを見て、これもダイナミックドライバー機だよねと思い注文してみました。定価は1,099ドルのところ799ドルだったのですが、送料が50ドルも取られるので849ドル、日本円で10万円足らずでした。

 

UM Universal 3DD-Tishop.musicteck.com

オーダーは11月23日で発送は25日、到着は12月1日でした。送料が50ドルの割にはUSPSで結構日にちがかかりました。

公式のホームページはこちら。

http://en.uniquemelody.org/detail_217.html

3DD-Tiは低、中、高域用のそれぞれ13mm、8mm、6mmダイナミックドライバーで構成されており、筐体に低域調整用のチューナーが付いているなど、他のUnique Melodyのイヤホンとはちょっと性格が違う感じです。

スペックは下記の通り。

パッケージ。
f:id:kiliko3611:20181202100657j:image

ぱかっ。
f:id:kiliko3611:20181202100714j:image

附属品。イヤホンケースがいつもの金属製のではなく、qdc Neptuneのと同じ感じのDignis製です。こっちの方が使い勝手はいいですね。
f:id:kiliko3611:20181204090603j:image

f:id:kiliko3611:20181202100739j:image

色は赤を選択してたのですがちょっと派手だったかも。
f:id:kiliko3611:20181202100759j:image
f:id:kiliko3611:20181202100812j:image

ケーブルは2.5mm4極と3.5mm3極を選択できたので2.5mmを選択しました。線はよく附属のケーブルで入っている黒いのよりは高品質な単線4芯OFCです。リケーブルしたいところですが、端子形状がqdc同様なのが困ったものです。ピンアサインも同じだったかしらん。
f:id:kiliko3611:20181202100828j:image
f:id:kiliko3611:20181202100842j:image

 

Luxury & Precison L4+ALO CONTINENTAL V5+2.5mm-3.5mm変換ケーブルに附属のケーブルで聴いています。イヤーピースは自分にとっての定番のRHAデュアル・デンシティシリコンイヤーピースのMサイズを使用。

ダイナミックドライバーを使用しているのでしばらく鳴らしこむ方が良いかと思いますが、現状でも高域と低域はそこそこ出ている感じ。中域が弱いのと低域も深いところまでは出ていないかなと思います。Unique Melodyらしい多ドラ感をあまり感じさせない滑らかさと聴きやすさは十分あると思いますが、もう少し際立つ感じが欲しいですね。エージングに期待したいと思います。

 

 

Luxury & Precison L4

楽彼(Luxury & Precison)は中国のメーカーで、COLORFLY C4の設計者たちがたちあげたブランド、だそうです。COLORFLY C4は音は良いけど操作性と見た目が、という印象だったのですが、この新しいブランドの方でもややその傾向が見られるのは伝統というには困ったものです。

 

L4はLuxury & Precisonの最新機種になります。国内ではiBasso製品を中途半端に取り扱っているサイラスの取扱となっており、同社のダイレクトショップとFujiya Avicで販売されています。どちらにしても試聴できないのでお安いのでPenon Audioで購入しました。

オーダーは11月22日、発送が24日で到着は26日です。送料無料でDHLで発送いただけますので、ほとんど国内で購入するのと同じ感じで買物ができるのではと思っています。価格は699ドルです。

スペックはこんな感じです。

  • ディスプレイサイズ(解像度)/タッチパネル 3.5 inch (480×320)
  • DACチップ AKM AK4414
  • 周波数特性 20Hz~20kHz +/- 0.5dB
  • 再生周波数帯域 10Hz~40kHz
  • 定格出力(32Ω) Unbalance: 2v 125mW (32Ω)、Balance: 4v 360mW (32Ω)
  • 出力インピーダンス Unbalance: 2.2Ω Balance: 4.4Ω
  • S/N比 Unbalance: >-118dB Balance: >-119.5dB
  • 全高調波歪率+ノイズ <0.0016% (32Ω)
  • Line Out 出力 2Vrms
  • 内蔵メモリー 32GB(with OS)

パッケージ。
f:id:kiliko3611:20181129140346j:image

パカッ
f:id:kiliko3611:20181129140506j:image

附属品です。
f:id:kiliko3611:20181129140424j:image

裏面です。
f:id:kiliko3611:20181129140358j:image

上部。アンバランス出力、バランス出力、ラインアウト/コアキシャル出力(兼用)になります。

バランス出力は2.5 mm 4極 TRRS(先端からR- R+ / L+ L-)ということでAKやONKYOと同じです。
f:id:kiliko3611:20181129140643j:image

右側。上からパワーオン/オフ、FWD、再生/停止、RWDのボタンです。
f:id:kiliko3611:20181129140706j:image

下部。MicroSDXC&SDHCスロットとUSB(マイクロB)です。てっきりUSB Type-Cだと思っていたので残念です。
f:id:kiliko3611:20181129140725j:image

左側。すっきり。
f:id:kiliko3611:20181129140752j:image

SONY  ZX300と比較。あまり大きさ、重さともに違いがありません。L4の方がもっと大きいと思っていました。
f:id:kiliko3611:20181129140814j:image
f:id:kiliko3611:20181129140836j:image

AK A&futura SE100と比較。
f:id:kiliko3611:20181129140854j:image
f:id:kiliko3611:20181129140911j:image

 

附属品にケースが無いためか、おまけでケースを送っていただいたと思い、さすがPenon、気が利いているやんと思ったのですが、L3のケースだったようでサイズが微妙に合わず、途中までしか入らず、取り出すのにも苦労しました…
f:id:kiliko3611:20181130211235j:image

 

起動時の画面は中国語です。言語選択では日本語は見当たりませんので、英語のまま使用しています。Fujiya Avicの試聴機では日本語表示されているそうなので、ファームウェアのバージョン違いのためか他の理由があるのか不明です。
f:id:kiliko3611:20181129140930j:image
f:id:kiliko3611:20181129140947j:image

確認したところ、こちらがVer1.0.0.0に対し、公式ではVer1.0.0.2になっていたのでダウンロードしようと思ったのですが、Luxury & Precisonのホームページが中国語オンリーだったり、ダウンロード画面でソフトのインストールが必要だったりで諦めました。ちなみにサイラスのホームページ上ではまだL4のバージョンアップ情報は見当たりません。

 

基本ソフトがAndroid等ではなく独自ソフトということでMicro SDカードはFAT32でフォーマットする必要があるようです。最初にこちらで用意したデータを入れたSDカードを挿入し、メディアライブラリの更新をすると途中でシャットダウンしてしまい、保存した設定も初期化されるという事態に陥りました。いろいろと試してみたところ、ファイル名が長いデータが引っかかっていた様子。該当ファイルを削除してライブラリを更新して準備完了です。

ちなみに引っかかったファイルはこれをiTunesリッピングしたもの。確かにアーティスト名が長くなるわけです。

もうひとつうまくいかなかったのは、ハイレゾ音源のうち、24bit/96khzのALACの音源がちゃんと再生できなかったこと。スロー再生時の音声みたいになります。これはどうしようもないので、素直に購入先のOTOTOYからFLACファイルで再ダウンロードしました。

 

そんなこんなはありましたが、その後は特に問題なく使えています。見た目も真四角で愛想がない感じですが個人的には好みです。

画面はSE100とかに比べると小さいですが、カバーアートの表示もそれなりにきれいです。曲を次々とランダムで早送りするとSE100ではちゃんと反映されないことが多々ありましたが、そういうことはありません。
f:id:kiliko3611:20181130120159j:image

ライブラリ画面はシンプルに文字だけの表示なので、最近のDAPに慣れておられる方には無愛想に思えるかも。
f:id:kiliko3611:20181130211251j:image

 

音はクールでパワフルに尽きるかと。艶や色気なんて欠片もありません。音場はやや広く感じます。低域もしっかり出ていますが締まった感じで、そのために印象としては高域寄りな出音に感じます。

この辺りは使っていくうちに変化があるのかわかりませんが、また記事に書きたいと思います。

TFZ MY LOVE Ⅲ

TFZ MY LOVEは人気女性歌手とのコラボとして2016年夏に発売されました。SERIES 1Sのカラーバージョンだったのですが、Tシャツがセットになって50ドル足らずということもあってか、私のTL上だけかもしれませんが結構な盛り上がりだったように思います。MY LOVE Ⅱはそれから一年後の2017年夏に発売されました。価格は少し上がって私が購入した際は値引きがあって58ドルでした。このMy LOVE Ⅱは伊藤屋国際さんが扱ったことで国内でも普通に購入できたようです。eイヤホンでは今でも販売されているようです。

kiliko3611.hatenablog.com

この記事を書くに際して調べたら、HCK Earphonesではそれぞれ商品ページは残っていますが、購入ボタンが無いのでもう買うことはできなさそう。

www.aliexpress.com

www.aliexpress.com

TFZのイヤホンとはどうも相性が悪いのか、悪くは感じませんが愛用しようとも思わないという微妙な印象のものが多いので、最近のSECRET GARDENとかもスルーしていましたが、MY LOVE Ⅲは見た目にやられました。

 

購入はPenon Audioから。オーダーは11月23日で翌24日にDHLで発送、到着は26日です。価格は169ドルでした(この記事を書いている段階ではBlack Friday Saleで143.9ドルです)。

 

パッケージはいつものTFZと同じです。
f:id:kiliko3611:20181129101103j:image
f:id:kiliko3611:20181129101232j:image

附属品もいつもと同じです。
f:id:kiliko3611:20181129101300j:image

カラーは赤、青、黒、紫の四色がありますが、今回はイヤホンでは珍しく思った紫を選択。
f:id:kiliko3611:20181129101329j:image

大きめのベントがあるので音漏れしやすいかな。
f:id:kiliko3611:20181129101353j:image

 

箱出し直後はもやっとした感じに聞こえたので、SONY ZX300で普段に聴いている曲を鳴らし続けています。付属のイヤーピースが耳に合わない感じなのでAcoustune AET07を使用。50時間経過した現時点では、高域はそこそこで中高域から低域がメインな感じです。ボーカルも埋もれる感じはありませんが、中低域の量が多くてもやっとする感じが時々あって微妙な感じ。音場は広くはありません。

あと個人的には装着感が好みじゃない。ノズルが短くてしっかり固定できないためか不安で落ち着きません。

やっぱりTFZとは相性が良くないのかなぁ…

KINERA Odin

日本では安価なハイブリッド機のBd005SEだけが販売されていたKINERAですが、海外のセラーではH3(2BA+1DD)、SEED(1BA+1DD)、IDUN(2BA+1DD)と数種類の機種が販売されています。価格帯は50~150ドルなので、低価格からちょっとだけお高い感じの機種なので、大阪ポタフェスでOdinを試聴した時は、一気に上の価格帯に参入するのねと少々驚きました。イヤホンの価格がインフレ状態の昨今、10万円前後の価格帯はそれなりに激戦区なので、音質はともかくブランドイメージ的に難しいんじゃないかなぁと危惧していました。Odinは先日からeイヤホンにて販売が始まったようですが、受注販売という形なのはさもありなんというところでしょうか。

ポタフェスでの試聴時は、煌びやか高域と主張する低域という派手なドンシャリっぽい感じで、見た目やケーブルの造りは悪くないという感想を持ちました。ちょっと手持ちのイヤホンには無い感じだったため購入してみました。

スペックは下記の通りです。

  • ドライバー:4 way 8 Balanced Armature Driver(Low sonion 33AJ007i9×2、Mid sonion 33AJ007i9×2、Upper Middle knowls 29689×2、High knowls 31736×2)
  • インピーダンス:24Ω 
  • 音圧感度:116 ±1 dB
  • 再生周波数帯域:20-20000Hz

購入はAliExpressのEasy Earphonesから。注文は11月4日だったのですが新しいクレジットカードを使おうとして入力を間違い、それから認証されるまで数日を要したため支払は11月7日になりました。発送連絡は16日に来たのですがその後一度セラーのところに戻ったり紆余曲折があり、到着は24日でした。

www.aliexpress.com

パッケージ。一昔前の洋菓子の箱みたい。
f:id:kiliko3611:20181125124648j:image

附属品はフォームタイプとシリコンタイプのイヤーピース、6.3mm変換プラグ、ノズルブラシ、ペリカンケースと一通り揃っています。イヤーピースはfinal Eのようです。
f:id:kiliko3611:20181125124707j:image
f:id:kiliko3611:20181125124722j:image

ケーブルはeイヤホンの説明によると、“コーティングよりも厚く銅線に付着させる事で銀線と銅線の両方の特性を持つケーブル。8coreのうち4coreは6N OCCを使用。”だそうですが、eイヤホンのケーブルの画像と自分のそれを見比べると、線自体は同じだと思いますが、プラグや2pin端子、またスライダーの有無など違いがあります。
f:id:kiliko3611:20181125124756j:image

また、ポタフェスで試聴した時とケーブルが違います。試聴時にこのケーブルが附属するかどうかわかりませんとのことでしたが、その通りだったようです。附属のケーブルも悪くないと思いますが(KineraのオフィシャルストアやPenon Audioでケーブルは79ドルで販売されています)試聴時のケーブルはもっとごつかった記憶があります。

 

購入時に筐体のカラーをRedとBlackから選べたため、Blackを選択しました。eイヤホンでは色は選べませんが、2pinかMMCXかを選べるようです。個人的にはMMCXが良かったなぁ。
f:id:kiliko3611:20181125124739j:image

AliExpressのKineraのショップでは色も端子も選べないようです。Why?

www.aliexpress.com

イヤホン本体の見た感じは悪くないのですが2pin端子が左右ともスカスカです。見た感じ端子部が割れているようでもないのでちょっと原因がわかりません。抜き差しを繰り返すとそういうことになるかもしれませんが。まさかの中古品疑惑?うっかりケーブルを持ってイヤホンをぶら下げる感じになったり、耳にかける時などにポロっと外れそうです。他のケーブルに変えても同じだったのでイヤホン側の端子が原因のようです。

このあたりは中華クオリティだなぁと苦笑するしかありませんが、価格を考えると笑ってばかりもいられません。かといって交換となるとまたそれなりに日数がかかるので困ったものです。

 

気を取り直して聴いてみます。イヤーピース、ケーブルは附属品を使用。DAPはAK SE100とSONY ZX300です。

試聴時とは印象が違い、高域のキラキラ感が思ってたほどではないなという印象で、少し纏まった感じがします。少し地味になったのかも。このあたりはケーブルが変わったためか箱出し直後のためか。曲によってはボーカルが高域と低域にやや埋もれる感じがあります。音場は左右に広がる感じです。

もう少し聴き込んでから、他の機器との違いも含めて追記したいと思っています。