qdc Neptune

qdcのイヤホンは今まで日本で発売されているのを店頭で試聴したレベルですが、美音系というか、音楽的というか、低音がーとか解像度がーとかのイヤホンでは無いイメージでした。ちょっと僕が好きな曲のジャンルには合わない感じだったので購入してませんが、デザインと装着感はいいなぁと。

このNeptuneは1BAということで、今までオーディオテクニカZERO AudiofinalKlipschあたりの1BAのイヤホンはちょっと好みではないなぁということもあったので、特に購入する予定は無かったのですが、Twitterで購入された方の写真を見て、やはり美しさに負けて購入してしまいました。ブルー系に弱いんです。

f:id:kiliko3611:20171109031756j:plain

購入は久しぶりに使用したJabenのショップから。

QDC Neptune Single Driver Universal In-ear Monitors with Remote & Micstore.jaben.com

本体価格が278.5ドル、送料がFedex21.62ドルですが、41.77ドルの割引クーポンを利用したので合計は258.35ドルです。1029日にオーダーして発送連絡が1030日、到着は112日です。

 

パッケージはこんな感じ。

f:id:kiliko3611:20171102212509j:plain

このイヤホンはエントリークラスということなのか、ケーブルはリモコン付きとなっています。

f:id:kiliko3611:20171102213003j:plain

ケースがお洒落。これだけでも別に売って欲しいですね。

f:id:kiliko3611:20171102212722j:plain

やっぱりきれい。

f:id:kiliko3611:20171109031815j:plain

 

イヤーピースは附属のものでは合わなかったので、音が近めということと低音が増えるのを狙ってfinal EタイプのMサイズを使っています。

中域メインではありますが、そこそこ低音も出ている感じで、このイヤホンでアズールレーンをプレイしたら砲声に迫力を感じられるので、低域が足りないわけではないと思います。高域も伸びる感じではありませんが、それなりにありますね。ちょっと音が近い感じで、もう少し拡がりが欲しく感じますが、まぁ外で曲を聴いていると気にならなくなってきました。

ケーブルをバランス接続用を含めていろいろと変えてみたのですが、確かに変化はするものの、これ!といったのが見つからず、とりあえずは取り回しの良さからも附属品のままで使っています。

 

音律美 yin lu mei A1

音律美 yin lu meiがメーカーの名前で、A1が型番になります。

www.yinlumei.com

こちらによるとDAPだけでなく、ヘッドフォンアンプやヘッドフォンも販売しているようですね。

 

今年の初夏に発売されたDAPD200+という機種で初めてこのメーカーを知ったのですが、その時は価格比ではなく、本当に音質が良いと(一部で)評判になったものの、いかにも中華プレイヤーという佇まいにちょっと購入意欲がそそられはしませんでした。ただ、スペシャルバージョンのD200+の赤いのはDACAKM4497EQを使用していたこともあり、あっという間に売り切れてしまっていました。

 

その音律美のD200+に続いてのDAPがこのA1なんですが、前機種のいかにも中華DAPというデザインからいきなりAndroidを搭載した今風?のDAPに変わったので、ちょっと心配になり購入を躊躇っていたところ、購入された先駆者の皆様からほぼ賞賛の声しか聞けなかったため、購入した次第です。三ヶ月使用したFiio X7 MKⅡに不満があったわけではないのですが、まぁ変化を求めてということで

 

購入はAliExpressNiceHCK Audio Storeから。オーダーは10月14日ですが、1st batchが売切れてしまったということで次の入荷を待ったため発送が11月1日でした。DHLだったので到着は114日とかなり早いです。定価は送料込で580ドルです。

www.aliexpress.com

 

パッケージはそこそこ立派というか、普通な感じです。

f:id:kiliko3611:20171104211733j:plain

f:id:kiliko3611:20171104211810j:plain

f:id:kiliko3611:20171104211831j:plain

付属品です。ケーブルはラインアウト用と光接続用のようですが、長さ的に据置きとの接続を想定しているのでしょう。USBケーブル、充電用アダプターにパネルのような液晶保護シートです。

f:id:kiliko3611:20171104213533j:plain

サイズはかなりデカイです。GRANBEATに比べると、横幅はほぼ同様、長さはやや短く、厚みはやや上回ってる感じですかね。重さは実測したところ309グラムでGRANBEATを約40グラム上回っています。

こうして比べると確かにA1はデカイですがGRANBEATもたいがいですね。

f:id:kiliko3611:20171106211125j:plain

上部にはボリューム、アナログ・デジタル兼用ラインアウト3.5mmバランスアウト、2.5mmバランスアウト、3.5mmフォンアウトが並んでいます。

f:id:kiliko3611:20171106211306j:plain

右側は上からパワー オン/オフ、ボリューム アップ/ダウン、バッテリー確認用のボタンが並び、五段階でバッテリー状態を確認できるライトです。

f:id:kiliko3611:20171106211244j:plain

左側はすっきりと何もありません。

f:id:kiliko3611:20171106211335j:plain

下部はアンプ用のパワースイッチ、Micro-USB端子、DAC及び充電用のMicro-USB端子、Micro-SDカードスロットにリセットボタンです。

f:id:kiliko3611:20171106211406j:plain

裏面はすっきりしています。

f:id:kiliko3611:20171106211428j:plain

 

なんか普通のDAPにあるものが無かったり、無いものがあったりしています。

要するにAndroidのプレイヤーにUSB接続されたDACアンプを一つにしたのがこのA1ということで、下部のMicro-USBも左側がAndroid プレイヤー用、右側がDACアンプ用になります。ボリュームも上部がDAC アンプ用、右側がAndroid プレイヤー用です。下部のスイッチがDAC アンプ用、右側のがAndroid プレイヤー用です。ということで、操作は何かと面倒ですし、他のDAPならほとんどは付いている、再生/停止、曲送り、曲戻し用のハードボタンがありません。おかげで曲を停止させる時はいちいち画面を点灯させて、ソフト上での操作が必要となります。

 

Android 5.1ですので設定は簡単と思っていたのですが、まず言語の選択が英語と中国語しかありません。日本語対応していないAndroidを日本語化する方法がWebでいろいろアップされていますが、その方法でA1も日本語化できるようですが、まぁDAPとして使うだけならいいかなぁと思いそのままの状態です。調べたところではWindows PCが必要な感じだったこともありますが。また必要となればおいおいチャレンジしたいとは思っています。

起動画面です。

f:id:kiliko3611:20171106211143j:plain

ソフトも最小限で、Google Playは見当たりません。音律美というプレイヤーソフトが標準のプレイヤーのようですが、これがいまいちなようで、画面を点灯したまま再生していると異音がして聴けたものではありません。画面を消灯すると治まるのですが

 

ということでプレイヤーソフトはHiby musicを使っています。Google Playからのインストールではなく、apkファイルからインストールしています。

f:id:kiliko3611:20171106213001j:plain

 

音質はまだ使い始めて数日ということで、(耳)エージングでまた印象が変わるかもしれませんが、非常に明瞭でパワフル。分離感、音の拡がり、見晴らしがよく、私の好きなメタルも楽しく聴くことができます。ちょっと明るい音調なので、しっとりした曲には合わないかもしれません。

 

再生時間は56時間というところでしょうか。やや短いですが、Fiio X7 MKⅡAM3AM5では公称6時間だったので似たようなものですね。再生時はほんのり暖かいですがさほどでもないですね。

当然ケースなどは無いので、持ち歩く時はどうしようかと悩み中です。

 

【追記 2017.11.9】

あんまり実際に使うどうかはわかりませんが、USB DACとして使ってみました。

 f:id:kiliko3611:20171109084444j:image

下部のパワースイッチをオンにして、USBケーブルは当然ながらUSB DACの方に接続するだけです。

USB OTGケーブルを使用してGRANBEATとも問題なく接続できました。

 f:id:kiliko3611:20171109084456j:image

音質的にはDAPとして使用するより高域が伸びているように感じましたが大きく変わることはないかと思います。

 

記録 所有機器一覧 2017年10月

DAP

 相変わらずカーステレオとのBluetooth接続がうまくいかないので困り中。

ヘッドホンアンプ

  • 無し

ヘッドホン

  • Skullcandy CRUSSER WIRELESS

 涼しくなってきたのでそろそろ出番ですかね。充電しなくては。

イヤホン

  • HEIR AUDIO Heir 5.A

 某所にてリモールド依頼中。

  • Ultimate Ears UE11Pro

 某所にてリモールド依頼中。

  • ROSE BR5 mk2

 RHA Mサイズのイヤーピース、ケーブルはORB Clear Forceにて使用中。最近はメインの座に。

 左側から音が出なくなったため里帰り中。もう一ヶ月以上経つけど…

 RHA Mサイズのイヤーピース、ケーブルは附属品のまま。耳リセット用。

  • NiceHCK DZX 2+7

 SpinFit Mサイズのイヤーピース、ケーブルNICEHCK 8-core 7N Single Crystal Copper Plated Silver Cable。やや低音で高・中音域がマスクされている気もしますが曲によってはスケール感があって楽しい。

  • KZ ZS6

 イヤーピースはいろいろ模索中ですが、とりあえずCrystal Tips。ケーブルNICEHCK 8-core 7N Single Crystal Copper Cableを使用。

 RHA Mサイズのイヤーピース、ケーブルはKZ ZST/KZ ED12 Plated Gold Cable 2Pin Upgrade Cableにて使用中。

到着待ち

  • TRINTY AUDIO PHANTOM MASTER 6(2016年8月21日オーダー済)
  • TRINITY AUDIO Atlas Delta(2017年2月2日オーダー済)
  • Hidizs AP200 64GB(2017年7月12日オーダー済)
  • Yin Lv Mei A1(2017年10月14日オーダー済)
  • ROSE Mojito(2017年10月19日オーダー済、11月1日到着)
  • qdc Neptune(2017年10月27日オーダー済、11月2日到着)

購入予定

  • 無し

安価な中華イヤホンいろいろ

先日から比較的安価な中華イヤホンを何点か購入したので、まとめて簡単なレビューです。


TIN Audio T2

ケーブルは附属のケーブルを使用しています。イヤーピースも附属のシリコンタイプのMサイズです。

2機のダイナミック・ドライバを搭載した所謂デュアル・ダイナミック・ドライバなのですが、出音は解像感が高くてすっきりした感じで、ちょっと期待していた音ではありませんでした。シングルBAっぽい音、という感じでしょうか。

パッケージング、筐体の造りはたいへん良く、このまま店頭に並んでもいい感じですね。特にパッケージは横長でイヤホンというより文房具のそれみたいな感じです。MMCX端子を採用しているのでリケーブル可能なのですが、附属のケーブルもプラグを含めて悪くない感じですが、MMCX部付近が白っぽいのはちょっと個人的にいまひとつですね。

f:id:kiliko3611:20171012154144j:plain

f:id:kiliko3611:20171012154332j:plain

装着感はシュア掛けすればまぁ悪くない感じではありますが、割と耳から飛び出る感じでちょっと不安定かもしれません。

AliExpressのNiceHCK Audio Storeから購入しました。定価?は49.9ドルです。


KZ ZST Pro

特にHCKのオーダー時にはProの標記はありませんでしたが、到着したのはProでした。ショップによってはProと標記しているところもあるようです。スペック的には変化はありませんが、ダイナミック・ドライバを改良したと謳っているようです。

附属のケーブルはゴムっぽくて取り回しがいまひとつなのと、おまけのケーブルは銀メッキ4芯で音は悪くない感じなのですが、耳掛け部分に針金が入っているタイプなので苦手なため、HCK にリケーブルしています。イヤーピースはRHAのMサイズを使っています。

パッケージ、外観、付属品は従来と変化ないです。音質はちょっと比べてみてもわからないですね。まぁKZのイヤホンなら個体差もありそうなので、あまり比較する意味はないかもしれませんが。
f:id:kiliko3611:20171023052338j:image
f:id:kiliko3611:20171023052350j:image

紫が今回に購入したもの、黒いのが以前より持っていたものです

 

比較は別にして、音質は低域寄りのドンシャリですが、明瞭な感じもあり、普通に聴くならこのイヤホンで別にいいんじゃないと思わせるぐらいにいい感じです。左右の音の拡がりも感じられ、オールマイティに曲に合う感じです。曲の粗やあまり録音状態の良くない曲も気にせずに聴くことができるのは長所なのか短所なのか…まぁ正確性に欠けるという感じですかね。

購入はAliExpressのHCKから。定価は、カラーはパープル、ケーブルはマイク無しを選択し、おまけのケーブル付きを選んでも19.05ドルと大変安価です。Amazonでも少し高い程度で待つことなく購入できますので、お急ぎの方はそちらがいいかな。


KZ ZS6

前機種のZS5の金属筐体版なのですが、前面に開口部があったり、形状もやや変わっているそうです。本家?のCampfire Audioのイヤホンの装着感が苦手な僕にとってはこちらのイヤホンの装着感も同様です。あまり耳奥に入れようとすると筐体のカドが当たって痛いため、耳孔に蓋をする感じで装着しています。イヤーピースはCrystal Tipsを使用。先ほどのZSTと同様に、附属のケーブル、おまけのケーブルは苦手なため、NICEHCK 8-core 7N Single Crystal Copper Cableに交換しています。

見晴らしがよく、ボーカルも含めて適度な距離感のある音ですので、このあたりは個人的に好みです。イヤーピースの性格もあってか、穏やかな丸い音ですが、明瞭感もそれなりにある感じです。KZのイヤホンは初期を中心に音がおかしい外れ品があるそうですので、ひょっとしたらこの個体も外れなのかもしれないという心配はややありますが、音が悪いわけではないので大丈夫なのかなと思っています。

パッケージや附属品はいつもの通りです。デザインは…まぁ言わずもがなですね。
f:id:kiliko3611:20171023052428j:image
f:id:kiliko3611:20171023052441j:image

NiceHCK DZX-2+7

イヤホンはしばらくは買わなくていいと思っていたのですが、セールで100ドル引きだったので思わずポチってしまいました。

 
f:id:kiliko3611:20171011091834j:image

NiceHCKはAliExpressのNiceHCK Audio Storeのオリジナル・イヤホンのブランド?なのですが、そのラインナップの主力を担うのがDZとDZXの各シリーズです。ドライバー数の割には安価な価格と、デザインをいろいろと選べるのが人気の理由なんでしょうね。今までDZシリーズは数種類購入していましたが、DZXシリーズは初の購入となります。

 

デザインはWebにあがっている24の選択肢から選んだのですが、パネルの“HCK”のロゴは消してもらいました。HCKさん、ごめんなさい。
f:id:kiliko3611:20171011092055j:image

 

DZXシリーズはDZシリーズよりは後発で、初期はそこまでドライバー数も多くは無かったのですが、その後DZと争うように多ドラ機、ハイブリ機を展開し、DZよりはちょいお安めの価格もあってか、人気を博しているようです。

https://www.aliexpress.com/store/product/2017-New-NICEHCK-DZX-2-7-In-Ear-Earphone-2DD-7BA-Drive-Unit-DIY-HIFI-Custom/1825606_32827098145.html?spm=2114.12010612.0.0.32726b94ZwMnoN

 

DZX-2+7は型番通り2DD+7BAの多ドラ機で、あまり類を見ないドライバー構成に惹かれての購入となりました。8月26日に注文して到着が10月2日です。発送されたのは9月27日なので、製作に一ヶ月かかっています。セール時の注文だったので通常よりは日数を要しているようですが、発送も含めて一ヶ月ぐらいかかると思っておいたほうがいい感じですね。

 

附属品はケーブルとイヤーピースがいろいろ。
f:id:kiliko3611:20171011091948j:image

 

まずは附属のケーブルとイヤーピースで聴いてみたのですが、ケーブルが耳掛け部分に針金が入っているのが苦手なため、ROSE BR5 mk2でも使っているNICEHCK 8-core 7N Single Crystal Copper Cableに交換しました。イヤーピースも附属のではいまいちしっくりこなかったのでいろいろ試してみたのですが、ノズルがかなり太いため、愛用しているRHAのものやfinal Eなどは使えませんでした。現状はとりあえずSpinFitのMサイズで様子見です。
f:id:kiliko3611:20171011092021j:image

 

初めはかなり篭ってぼわぼわした感じ。bass adjust switchをオフにするとややマシになるものの、かなり低音過多。50時間ぐらい経過した段階で、かなり聴きやすくなってきたため、bass adjust switchをオンにして更に鳴らし込みます。

100時間経過したあたりで、最初に比べるとかなり締まってきたように思いますが、まだ低音が膨らむ感じが拭えません。そこでFiio X7 MKⅡのアンプをAM5からAM3へ交換し、イヤーピースもSpinFit Mサイズから同Sサイズへ変更。篭り、膨らみはだいぶ減少したがまだ残っています。

150時間経過したのでイヤーピースをSpinFitのMサイズに、X7 MKⅡのアンプをAM5に戻しました。ケーブルもより高域の伸びを期待して、NICEHCK Cable 8-core 7N Single Crystal Copper Plated Silver Cable に交換しています。

曲によってはうねるような低音が聴こえて楽しい。高域は刺さる感じはなく、必要な量はあるように思います。ボーカルを含めて音は近いので、ここはちょっと個人的な好みとは違います。左右に広がりはないものの、奥行きは感じられ、立体感はあるのかな。

 

引き続き音の変化などをまた書いていきたいと思います。

 

 

 

記録 所有機器一覧 2017年9月

DAP

 カーステレオとのBluetooth接続がうなくいかないので困り中。

  • Fiio X7 MKⅡ

 AM5にて使用中。

ヘッドホンアンプ

  • 無し

ヘッドホン

  • Skullcandy CRUSSER WIRELESS

 涼しくなってきたのでそろそろ出番ですかね。充電しなくては。

イヤホン

  • HEIR AUDIO Heir 5.A

 某所にてリモールド依頼中。

  • Ultimate Ears UE11Pro

 某所にてリモールド依頼中。

  • ROSE BR5 mk2

 RHA MサイズのイヤーピースNICEHCK 8-core 7N Single Crystal Copper Cableにて使用中。

 左側から音が出なくなったため里帰り中。

 RHA MサイズのイヤーピースとEasy 8 Core Silver Plated Cable にて使用中。

  • TFZ EXCLUSIVE 5

 左側が不良で音が途切れますが、面倒なことと常時ではないため放置中。

到着待ち

  • TRINTY AUDIO PHANTOM MASTER 6(2016年8月21日オーダー済)
  • TRINITY AUDIO Atlas Delta(2017年2月2日オーダー済)
  • Hidizs AP200 64GB(2017年7月12日オーダー済)
  • NiceHCK DZX 2+7(2017年8月26日オーダー済、10月2日到着)
  • KZ ZS6(2017年9月22日オーダー済)
  • KZ ZST(2017年9月24日オーダー済、10月2日到着)
  • TIN Audio T2(2017年9月24日オーダー済、10月2日到着)

購入予定

  • 無し

SIMGOT EN700 PROの試聴機をお借りしました

9月23日に国内での発売が始まる新製品のこちらですが、SIMGOT JAPANさんがTwitterで試聴希望者を募集されたのに応募してお借りしてのレビューとなります。購入してのレビューとは違いますので、少々評価が甘くなっているかもしれません。

 

以前に同社のEN700 BASSを購入したのですが、その独特のデザインが馴染めず、また装着感が少々苦手で早々に手放してしまいました。このイヤホンはあまりイヤーピースを耳奥に突っ込んで装着するのではなく、耳孔の手前の方を蓋をする感じで装着するのが正しいようですが、その方法だと低音が逃げてしまう感じになり、Crystal TipsやSpinFit TwinBladeに交換していたのですが、イヤホンの性格的にもスピード感や低音のキレを求められる曲には合わないなぁと感じたように記憶しています。

kiliko3611.hatenablog.com

kiliko3611.hatenablog.com

EN700 BASSの音は正直なところあまり覚えていないので比較はできませんが、基本的なキャラクターは変わっていなくて、より全体的にブラッシュアップされて、リケーブルに対応した模様です。また、附属のケーブルもなかなか質が高く、バランス接続で聞くことなどを考えないのであれば敢えて変更する必要がないように思います。

 

先述したとおり、デザインは独特で好き嫌いはあるかと思います。今回は左右で色が違うのですが、附属のイヤーピースも二色用意されており、細かいところまで眼が行き届いている感じです。造りは悪くありません。ケーブルも非常に取り回しも良く、使っていてストレスを感じません。

f:id:kiliko3611:20170924090927j:plain

f:id:kiliko3611:20170924091053j:plain

 

装着はあまり耳の奥に入れようとせず、すっとケーブルに合わせて耳に合わせる感じでいいのだと思います。個人的には他のイヤホンがぐっと押し込む感じのタイプが多いため、慣れるまでは少々違和感がありました。インナーイヤータイプのイヤホンを日ごろお使いの方なら気にならないのかもしれません。

 

附属のイヤーピースを使って聴いていますが、二種類が附属しており、解像度重視のタイプと低音重視のタイプのようです。聞き比べるとしっかりと違いを実感できます。自分は低音重視タイプのイヤーピースのより広がり、音に包まれるような感じが好みでした。

 

DAPはFiio X7 MKⅡをAM3とAM5で使用しています。

音質は高いレベルで全ての音域が揃っている感じで、解像度が特別高いとか、低音が深いとかをあまり感じることなく、気持ちよく音楽を聴くイヤホンという感じです。ボーカルは特別に近いわけではなく、伴奏と自然な感じで溶け込んでいます。ボーカルメインで聴かれる方にはちょっと物足りなさを感じられるかもしれません。聴き疲れすることなく、長時間のリスニングに向いています。スピーカーをあまり大音量ではなく聴いている時のイメージ?

また、解像度は高い感じですが、基本的にウォーム系のため、スピード感のある曲には少々合わないように思います。ポップス、ロックは楽しく聴けますが、メタルは曲によっては少々物足りなさを感じてしまいます。

 

芝音研さんのAl-Orpheus 2.5mm 4極ケーブルを使ってバランス接続でも聴いてみます。

ケーブルとの相性もあると思いますが、低音が支配的になり、音の広がりも拡大しますが、ボーカルが引っ込んだ感じになり、曲によっては残念な傾向になります。インスト曲だとスケール感もアップしていいのですが。

f:id:kiliko3611:20170924091423j:plain

 

あと、装着感から遮音性はどうかなと思い外出時の使用してみました。通常の使用状況では、曲が流れている時はそれなりに遮音性もあるようで、曲が聞こえないということはありません。まぁ耳に突っ込むタイプではありませんので、あまり過大な期待はできませんが、思っていたよりは悪くなく、特に作業中のBGMとして使用するには最適な感じです。

 

音を聴くというより曲を楽しむイヤホン、EN700 PRO、購入してしまいそうです…

 

【追記 2017.9.30】

ということで購入してしまいました。

箱出しの音は試聴機よりも低音が強いように思います。イヤーピースも前回と違い、解像度重視の方を使っています。

使っていくうちに締まっていくのでしょうかね、楽しみです。