KB EAR Diamond

KB EAR Diamondはダイナミックドライバー一つのイヤホンです。価格はAmazonで9,980円、AliExpressのOfficial Storeでは79ドル(定価は112.86ドル)で販売されており、ドライバー構成の割には比較的高価な感じがします。ドライバー数だけで価格をどうこう言っても意味は無いのですが、最近までの中華イヤホンはいかにたくさんのドライバーを積むかを競っていたような感じだったので。

中華イヤホンに限らず、ついこのあいだまでは多ドラ=高級機だったのですが、ダイナミックドライバー一発の高級機が昨年には次々と発売され、しばらくは肩身が狭かった?ダイナミックドライバーが復権したように思います。

今回はWTSUN Audioさんから声をかけていただいてのレビューです。合わせて5%割引クーポンを提供いただいております。プロモーションコードは"6SELWYLT"で1月10日から今年の5月31日まで利用可とのことです。

 パッケージ。
f:id:kiliko3611:20200124112558j:image
f:id:kiliko3611:20200124112620j:image

附属品は各種イヤーピース、イヤホンケースなど。イヤホンケースは使い勝手が良さそうです。ケーブルは取り回しも良さそうで、バランス接続を試してみたいとかでなければ附属のままのケーブルでいいかな。イヤーピースもSpinFitもどきですが、特に違和感もないため、標準のまま使用しています。
f:id:kiliko3611:20200124112634j:image
f:id:kiliko3611:20200124112649j:image
f:id:kiliko3611:20200124112702j:image

イヤホン本体。デザインはAmazonの販売ページの画像ではいまいちな感じでしたが、実物は思っていたよりはいいかなと。あと、金属製、「カーボンファイバーのフェースプレート付きでAL合金で作られた高級な筐体」だそうなので、特にこの季節はヒンヤリします。ちょっと重いかなと思わなくはありませんが、装着感は悪くありません。

f:id:kiliko3611:20200114094127j:plain

f:id:kiliko3611:20200114094149j:plain

このイヤホンの売りは名称通り、「ダイヤモンドに近い特性をもつ、高速DLC(DIAMOn-LIKE CARBON)コーティングされたD.L.Cコーティング・ダイナミック型ドライバーは、優れた忠実性、周波数特性、低い歪率を実現させた特別なダイナミック型ドライバーです。特徴としては、その高速、オーガニックな音色、そしてその絶妙な解像度です。」のようです。DLC振動板といえばオーテクのBTイヤホンやAnkerのTWSぐらいしか思いつかなかったのですが、調べてみるとMonndrop KXXSやJVC HA-FD02などいろいろあるみたいです。また、TFZ NO.3 Tiはダイヤモンドドライバーと名乗っていますが、DLCなのかはちょっとわかりませんでした。ちなみにGoogleで「イヤホン DLC」で検索するとNoble Audio Falconが多数ヒットしましたが、あちらはDLCDLCでも「Dual-layered Carbon Driver」だそうです。

 

DAPはXiaomi Mi Mix 3とLDACで接続したFiio BTR5及びShanling M2X及びM2X+ifi xCANを使用しています。ダイナミックドライバーのイヤホンらしく、そこそこ駆動力が必要となるため、BTR5とM2X単体に繋ぐ時はハイゲインに設定しています。

箱出し直後は、やや低域寄りであまり派手さは感じません。最近の中華イヤホンに多い、音圧が高くてキラキラしてボーカルが近いということはなく、割とまろやかな柔らかい音に感じます。ダイヤモンドという名称から受けていた硬質で煌めくイメージとは割と真逆の音のように思います。すごくいいとは思わないものの、長く聴いていても疲れない音、という感じです。

それから約100時間ぐらい鳴らし込んでみました。基本的な印象としては箱出し直後と大きく変わることはありませんが、低域がしっかりめに聴こえるようになったように感じます。そのためもあってか、楽曲によってはボーカルが遠く感じることがあります。高域も必要にして十分ですが、ぱっと聴いてすごい!と思うイヤホンではありません。じっくりと聴くとしみじみいい感じと思えるイヤホンです。聴き疲れもしませんし。

自身の聴くジャンルではボーカル曲よりインストゥルメンタルの方が合うように思います。ボブ・ジェームス深町純なんかのフュージョン系が耳に心地いい。

Pai Audio DR2

購入はAliExpressのShenzhen Paiaudio Technologyから。価格は49ドルでした。購入理由はTwitterできれいな濃いめの青いイヤホンだったから。Royal blueだそうです。

注文が12月7日、12月10日に発送され、到着が12月21日でした。まぁチャイナポストなのでこんなものでしょう。

www.aliexpress.com

パッケージ。真四角は珍しいかな?

f:id:kiliko3611:20191224163848j:image
f:id:kiliko3611:20191224163827j:image

附属品は最小限。ケーブルはいまいちな感じですかね。
f:id:kiliko3611:20191224163830j:image

イヤホン本体。いやぁ美しい。
f:id:kiliko3611:20191224163823j:image
f:id:kiliko3611:20191224163845j:image

音質は予想以上にフツーな感じで、篭もりもなく解像感もそこそこあるのですが、高域が足りない感じです。

ケーブルを交換してもう少し鳴らしてみたいと思います。
f:id:kiliko3611:20191224163851j:image

 

qdc Uranus

qdcのイヤホンは過去にNeptuneと4SS SEを一時期使っていましたが、すっきりとボーカルが近いタイプで、私がよく聴くメタルには合わないなぁということで手放しており、新製品が出てもあまり気にしていなかったのですが(お高いですしね)、比較的安価なハイブリッドイヤホンということで手を出してみました。購入したシンガポールの老舗?オーディオストアのJabenでセール価格で販売されていたことにもかなり背中を押されたもので。

QDC Uranus Hybrid Universal In-Ear Monitorstore.jaben.com

オーダーは12月10日、12日に発送され、13日には到着しました。FedEx、恐るべし。

価格は本体が279.44シンガポールドル、送料が17.42シンガポールドルで合計296.86シンガポールドルでした。日本円に換算すると、だいたい24,000円ぐらいでしょうか。

ちなみにJabenでは344.86シンガポールドルBluetoothケーブルを同梱したバージョンも扱っているようです。Neptuneでも同じパターンがありましたね。

qdcのホームページではUranus-standardという名称で250米ドルとなっています。

http://musicen.qdc.com/Product/49.html

パッケージ。うろ覚えですがNeptuneと同じ感じかと。

f:id:kiliko3611:20191224163716j:image
f:id:kiliko3611:20191224163722j:image

附属品。ケーブルもNeptuneと見た目は似ていますが、こちらはマイクは付属していません。イヤホンケースは色違いかな。
f:id:kiliko3611:20191224163735j:image
f:id:kiliko3611:20191224163738j:image

イヤホン本体。デザインやビルドクォリティは悪くはありませんが、Neptuneの方が質が高いように思います。左側が青、右側が紫なんですが、いまいち写真ではわかりにくいですね。
f:id:kiliko3611:20191224163729j:image
f:id:kiliko3611:20191224163741j:image
f:id:kiliko3611:20191224163719j:image
f:id:kiliko3611:20191224163726j:image

肝心の音質ですが、やはりハイブリッドとはいえqdcですからフラット傾向かなと。ドンシャリな中華ハイブリッドとは一線を画しています。最近の流行り?のボーカルが近い音を好まれる方にはちょっと物足りなさを感じられるかも。個人的には遠からず近からずという印象です。

附属のケーブルがあまりに細いので、YinyooのYYX4871のqdcタイプでリケーブルしてみました。ちょっと濃くなったかなと思わなくもありませんが、誤差の範囲かも。

f:id:kiliko3611:20191224163732j:image

以上はいずれもiBasso DX160の3.5mmシングルアウトでの印象となります。

蛇足になりますが、先日にeイヤホン秋葉原店にて、既に日本でも発売されている同じハイブリッドイヤホンのqdc FUSIONを少し視聴したのですが、まったく違う腰の低い音で驚きました。ちょっと今までのqdcのイヤホンの印象が変わるかも。Musicteckでちょっとお安く、それでも549ドルなので悩むところですが、ちょっとあの見た目は好みじゃないので手は出さないと思います。

 

TFZ S2 PRO

Massdropにてお安く販売されているのでつい購入してしまいました、というパターンにて入手してしまいました。10月26日に注文、チャイナEMSで11月10日に発送され、到着は16日、価格は送料込みで43.19ドルでした。

Penon AudioやAliExpressのセラーでも取り扱いがあり、自分が購入した価格よりお安く購入できると思います。

www.aliexpress.com

日本でも販売されたSERIES 2の後継機という位置づけなのかなと思いますが、今のところ国内での販売はありません。と書いている間に12月13日から発売が開始されるようです。

 

附属品もいつもの通り。附属のケーブルでは反動が強くて(個人的に)ちゃんと装着できないのもいつもの通り。
f:id:kiliko3611:20191205114439j:image

イヤホン本体。この熊はなんなんでしょうか?TFZは本当にデザインはいろいろ迷走している気がします。

f:id:kiliko3611:20191207064215j:image

音は箱出し直後の印象ですが、こちらもいつもの通り元気なTFZの音です。

もう少し聞き込んで改めてレビューしたいと思います。

TONEKING P10

 AliExpressの11.11のセールで購入しました。今回はBeteran HIFI Audio Storeという以前にも何回か使用したセラーでの購入で、YanWen燕文物流で11月19日に発送され、27日に到着しました。価格は割引後で172.43ドルでした。

www.aliexpress.com

オフィシャルストアはこちらになります。

www.aliexpress.com

購入動機は“見た目”です。TONEKINGのイヤホンは以前にB1L、T88Kを購入したことがあり、ビルドクオリティには満足できる製品でした。B1Lはフラットすぎて好みに合わず、T88Kは他のBA8ドラ機と比較すると…ということで手放してしまいました。

kiliko3611.hatenablog.com

kiliko3611.hatenablog.com

 

附属品。イヤーピース、ケーブル、ケースとシンプル。ケースはプラスチック製。附属のケーブルは4芯銀メッキ銅線とのことですが、取り回しも悪くないので特にリケーブルしなくてもいいかなと思っています。
f:id:kiliko3611:20191205114352j:image

イヤホン本体、TONEKING BL1が14mmのFlat Diaphragm Driverであったのに対し、P10は10mmということなので小さいというか薄い感じ。

f:id:kiliko3611:20191207064148j:image

箱出し直後はフラットであまり主張しないタイプかなと思いますが、 AliExpressのセラーの紹介ページでは“Flat unit: 10mm optimized tuning version of the circular plane diaphragm unit, medium frequency transparent slightly warm, high-frequency analysis and exquisite and flexible, wide range, musical instrument orientation and layering. Both quality and sense of hearing.”とのことなので、ちょっと好みの音とは違うかなと思いつつ、しばらくはエージングしてみたいと思います。

IMR R1 Zenith

IMR Acousticsはあの悪名高き?Trinity Audioのhead designer、Bob Jamesにより2017年に誕生したイギリスのイヤホンメーカーになります。Trinty AudioとBob JamesについてはHead-Fiでも話題になっていて、Trinityと無関係を装ってるIMRの製品は買わない、なんて主張をされてる人も。

自分もTrinity Audioのイヤホンは結構買っていたので、IMRについてはうーんと思わなくもありませんが、Trinity AudioにしてもIMR Acousticsにしても、ちょっとユニークなイヤホンを作るメーカーなのは確かなので困るところです。

IMR Acousticsのデビュー機はAcoustics R1という機種で、国内でも宮地楽器(Trinity Audioも扱ってましたね)から販売されました。Trinity Audio譲りのフィルターによる音質変化を楽しむ機能に加え、開閉ポートの切替による音の抜けや開放感を調整できるギミックがある、なかなか興味深い機種でしたが、音はまだしも価格の割にビルドクォリティが高く思えず、購入には至りませんでした。ただ、ユニークなデザインなど気になる機種ではありました。

Acoustics R1の後継機として発売されたのがR1 Zenithです。こちらは国内では販売されておらず、Massdropで見かけたことはあるようなないような。Acoustics R1よりは価格は安かったのですが、それでも500ドルぐらいはしていたように思います。今回、IMRでセールが開催されていることをTwitterのフォロワーさんに教えていただき、購入してしまった次第です。

imracoustics.com

スペックは下記の通りです。Acoustics R1が13mmセラミック・ハイブリッドドライバ・ユニットだったのに対し、Zenithは14mmセラミック・ハイブリッドドライバ・ユニットだそうです。高性能セラミック・ドライバと強力なネオジム磁石を搭載するベリリウム・ドライバの組み合わせは同じかと。他の数値にも変わりはありません。

  • Gen II 14mm driver featuring uprated Neodymium motors with beryllium diaphragm + Piezo Ceramic driver
  • Gen II IMR adjustable porting system
  • 2 Pin detachable cable
  • Impedance: 32 Ohm
  • Sensitivity: 108db (+/- 3DB)/SPL/mW
  • Frequency response: 14 - 40000Hz

附属品は豊富で、先述したフィルターに加え、ケーブルも通常の3.5mmに加え2.5mmバランス接続用の2本が附属しています。ただ、このケーブルがゴムチューブのような質感で、ちょっと扱いづらいです。

f:id:kiliko3611:20191207064107j:image
f:id:kiliko3611:20191205114027j:image
f:id:kiliko3611:20191205114042j:image

フィルターの説明は下記になります。(HPの説明をGoogle翻訳で)

  • ブラック:パワフルでインパクトのある低音、豊かな中音域、強力な高音
  • ピンク:中音域と高音域が同じ黒フィルターから低音がわずかに減少、非常にニュートラルなサウンド
  • カッパー:最大の低音、豊かな中音域、わずかにくぼんだ高音
  • オレンジ:黒と比較して高域がロールオフされたバランスの取れた低音と中音
  • ブルー:全体でフラット、 軽くて風通しの良い音

 

イヤホン本体。やや造りに難があった開閉ポートは違う形で残っていますが、デザイン的な面白さは減少し、Acoustuneのイヤホンに似た感じです。デザイン自体はメカニカルで悪くないと思っています。

f:id:kiliko3611:20191207064045j:image

真ん中の軸を回転させて開閉ポートの操作を行いますが、細かな設定ができる目安が無いので、閉めるか開けるかの二択だと思います。

ケーブルの極性が通常のイヤホンと逆になっているらしく、CIEM用ケーブルを装着する際のガイドとでもいうべきスリット?が通常の2pinタイプのイヤホンであれば内側にあるのに対し、Zenithは外側にあります。そのため耳掛け部にガイドが付いているケーブルが使用できません。

そういえばTrinity Audioで2pinが横向けに取り付けられてるイヤホンもありましたっけね…

 

ドライバーの構成上、それなりに慣らさないと落ち着かないかなと思っています。箱出し直後は、初めから装着されていたブラックのフィルターも相まってか、かなり低音が強く主張するなかなかの曲者な感じです。

音質については改めてレビューしたいと思います。

KZ E10

みんな大好きKZのTWSです。KZは以前にT1というTWS機を販売していたようですが、パブリックベータ版ということで、現時点ではAmazonやAliExpressでは商品は見当たりません。このE10が本格的なTWS機への参入となるのかなと思っています。

購入は11.11のセール時にAliExpressのShenzhenaudio Storeというセラーから。58ドルが少し値引きされて55.56ドルでした。発送はシンガポールポストで、11月11日に注文、15日に発送連絡が来て21日に到着という、かなり早いパターンでした。

www.aliexpress.com

 Amazonではこちらで購入可能なようです。

パッケージは割と大きめ。
f:id:kiliko3611:20191130063701j:image
f:id:kiliko3611:20191130063639j:image

セラーがおまけに付けてくれたのか、KZのイヤーピースが同梱されていました。
f:id:kiliko3611:20191201100655j:image

附属品は最小限で、USB-Type Cケーブルとイヤーピース、英語と中国語のマニュアルです。
f:id:kiliko3611:20191201100632j:image

ケースはイヤホンの形状からやむを得ないのだと思いますが、かなり大きい。
f:id:kiliko3611:20191201095727j:image

イヤホンのデザインはKZっぽいです。
f:id:kiliko3611:20191201095737j:image

TWS機としては類を見ない4BA+1DDという多ドラ機となります。ドライバー構成は既発売のZS10 Proと同じ構成のようです。筐体の大きさは他のKZの多ドラ機と同じかやや小さい程度ですので、無理やりドライバーとTWSとしての必要な機能を詰め込んだようです。それがスペックや使用感にもしわ寄せがきているようです。

まずはペアリングがイヤホン本体ではなく、ケースにセットして行う必要があります。いつものパターンでケースから取り出した状態ですぐにスマホとペアリングしようとしてぜんぜん不可能だったので慌ててマニュアルを見て気が付いた感じです。

次にバッテリー持続時間が3~5時間(カタログ値)と他の機種と比較すると短くなっています。通勤程度であれば問題ないかとは思いますが、気になる方は気になるかも。

筐体が大きいせいか、他のイヤーピースと交換するとケースがしっかりと閉まらず、スマホとの接続をオフにすることも充電することもできません。またKZのイヤホンはいつもなのですが、附属のイヤーピースが個人的には収まりが悪く、イヤーピースの交換が必要なため、困るところです。いろいろとイヤーピースを試したところ、Final E TypeのMサイズがいい感じなので、イヤホンを仕舞う時はイヤーピースを外してケースの中に置いて閉める感じで使用しています。この時ばかりは大きめのケースで余裕があるのが助かります。
f:id:kiliko3611:20191201095614j:image

そして一番困るのがスマホとの接続が不安定であることです。他のTWS機とは違い、スマホを置いて隣の部屋に行くだけで音が途切れます。ただ、スマホが傍にあるとさほど途切れやすいとまでは思いません。出かける際も、ズボンの尻ポケットに入れておくと途切れるがコートのポケットやシャツの胸ポケットに入れておくと安定して使用できています。もっとも、これは自分が京都市という地方住まいのためかもしれません。関東圏であればもっと繋がりにくい状況が生じるかもしれません。

タップによる操作はT200やQ70とほぼ同じです。Q70と同様にボリューム操作はできません。タップの感度はかなり高いため、慣れるまでは誤操作してしまうことも。

音質はKZらしい硬質な音になります。中高域寄りではありますが、キラキラしているというほどでもなく、上と下がすっぱりカットされてるようなイメージです。音がかなり近く、煩い感じに聴こえるため、イヤーピースで調整しています。前述したとおり、現時点ではFinal E typeで音の近さがややマシになる感じです。音量はとりやすく、他の機種から交換すると大きい音が出てくるので焦ってしまいます。やや難はありますが、今まで聴いたTWS機と比較すると断トツに高音質と言えるのではないでしょうか。もちろん好き嫌いはあるかと思いますが。

 

癖はあるけれどKZファンなら許容範囲かなと思うE10ですが、次はどんな機種を出してくれるのかに期待しています。